ガーバーデータとは?|海外に基板製造依頼する|FusionPCB

 

ガーバーデータとは、プリント基板の設計・製造過程で使用されるファイルフォーマットの一種です。「ガーバー」「ガーバーデータ」「ガーバーフォーマット」など色々な呼び方があるが、どれも意味としては同じです。

 

ガーバーデータの構成

ガーバーデータには以下のファイルが必要です。

 定義 拡張子
部品面パターン pcb_name.GTL
 2層目の名前(4層基板のみ) pcb_name.GL2
 3層目の名前(4層基板のみ) pcb_name.GL3
 半田面パターン pcb_name.GBL
 部品面レジスト pcb_name.GTS
 半田面レジスト pcb_name.GBS
 部品面シルク pcb_name.GTO(表面にシルクを入れない場合も、このファイルは必要です。)
 半田面シルク pcb_name.GBO(裏面にシルクを入れない場合も、このファイルは必要です。)
 ドリルデータ pcb_name.TXTまたは.DRL
 基板外形データ pcb_name.GKOまたは.GML

注意:
  • ファイル名の拡張子以外の部分は全て同じにし、使用していないレイヤにも書き出してください。
  • 製造指示書の添付は必要ありません。
  • pcb_nameの部分はお客様ご自身の基板名を半角英数記号を使って書いてください。全てのファイルでpcb_nameの部分は同一としてください。
  • ガーバーデータはRS-274xフォーマットで提出してください。
  • ドリルデータ(pcb_name.TXT)はExcellonフォーマットで提出してください。

ガーバーファイルは.rar や.zipなどの標準的な圧縮フォーマットで、一つのファイルにまとめてページにアップロードしてください。

# ソフトにより出力されたデータの拡張子は各々異なりますが、正しくエンジニアにご指示を出せる為、上記の方法にしたがって変更するのはお勧めです。

ガーバー作成ポイント

ソフトからガーバーデータへ

関連記事

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です