パワーアップPCBA#19:Seeed XIAO RP2040によるTinyML開発のスピードアップとSeeed Fusionによる無料プロトタイプの提供

創造力を瞬時にかきたてるものはなんでしょうか 今年初め、SeeedはXIAOシリーズにXIAO RP2040を導入しました。XIAO RP2040では、Raspberry Picoと同じくらい強力で、人気の高い生産可能で、XIAOと同寸法のマイクロコントローラを手に入れることができます。 XIAO RP2040は、MicroPythonとCircuitPythonの直接サポートにより、よりパワフルなXIAOアプリケーションに対応します。より多くのXIAO RP2040プロジェクトをサポートし、インスピレーションを与えるために、Seeed FusionはSeeed Fusion PCBAサービスで2つのPCBAプロトタイプを無償で提供しています。この素晴らしい機会を逃さないでください。 Seeed XIAO RP2040の性能は? XIAO RP2040は、最大133MHzで動作する柔軟なクロックを持つ強力なデュアルコアArm Cortex-M0+プロセッサを搭載したRaspberry RP2040チップを搭載しています。 また、264KBのSRAMと2MBのオンボードフラッシュメモリが搭載されており、より複雑なプログラムの保存や実行が可能です。優れた性能と処理能力にもかかわらず、この小さなボードは非常に少ない電力を消費します。また、Electronics-Labの記事では、Seeed XIAO RP2040の詳細な機能を紹介しています。こちらまでご覧ください。 Seeed XIAO RP2040は、小さな親指サイズに豊富なインターフェースを搭載し、Arduino、MicroPython、CircuitPythonを完全にサポートしています。オンボードのインターフェースは複数のアプリケーションの開発に十分で、様々なウェアラブル、TinyML、ラピッドプロトタイピングに理想的です。また、ミニArduino、カスタムメカニカルキーボード、USB開発(USBからマルチチャンネルTTL/USBホストモードなど)、小型プロジェクトが必要なすべてのプロジェクトに最適です。 XIAO RP2040はSeeeduino XIAOと同じくらい小さいですが、より強力で、CircuitPythonをサポートしています。アムステルダムに駐在している英国人開発者、Andy Warburtonによる興味深いプロジェクトを紹介します。 「最近メカニカルキーボードのカスタマイズを始めたのですが、8キーのメカニカルマクロパッドを誂えるのは楽しいと思いました。このプロセスはかなり簡単で、Seeeduino Xiaoを加えることでさらに簡単になります。超安価で十分な入力があるので、マトリックスのコーディング方法を考えるという複雑なことをしなくても、かなり大きなキーボードを作成できます(やってみようと思えば、この小さなデバイスで最大25キーのキーボードを作ることができます!)是非やってっみてください!」…

詳しくへ

オレゴン州立大学の元博士研究員がLoRa-E5を用いて、温度、質量、流量を測定する流出モニタリングセンサーを開発

すべての生命は水に依存しており、私たちは皆、流域の市民です。 率直に言って、「渓流の変化は、飲料水の供給だけでなく、農作物の灌漑や発電などに利用できる水の量に直接影響する。 また、多くの動植物が河川に依存して生息・生存しています」。米国環境保護庁は、ある報告書の中で気候変動の指標として渓流を取り上げています。また、流出水の水質もモニタリングの重要な一環だ。 なぜ、そのようなセンサーを作ろうと思ったのでしょうか このプロジェクトは、環境の健全性を測定することを目的としています。渓流、河川、飲料水、漁業の健全性は、山から流れてくる渓流と密接に関係しています。既存のセンサーは容量が限られ、非常に高価であることが多く、修理のために現場の技術者が必要です。そこで、このセンサー群を開発することで、水流の深さや温度だけでなく、水の透明度やきれいさもわかるようになります。これは非常に珍しい測定方法です。幸い、研究の結果、水流に対する水の抵抗(レジスタンス)が、水中での魚の生存や成長の度合いと密接に関係していることが判明しました。 さらに興味深いのは、オレゴン州立大学で博士号を取得した、渓流流出モニタリングセンサーの開発者ウィリアム・ディロンにインタビューできたことです。その間、米国地質調査所(USGS)の助成を受けて、このセンサーの研究を始めました。この助成金は、1年間の河川流出水の量、温度、質量を測定するための費用対効果の高いセンサーの開発を支援しました。オレゴン州立大学を辞めてからは、友人や同僚と長年にわたってこのプロジェクトに取り組んできました。 また、このセンサーはさまざまな分野への応用が可能です。 · 人里離れた山間地帯の渓流 · 都市や町の水 · 農作業 · 山火事跡のモニタリング Seeed LoRa-E5で電池寿命数年の低電力通信を実現! 最初のバージョンは、TI msp430のデザインをベースに、センサーデータをSDカードに書き込むというものでした。この方法はうまく行きましたが、ウィリアムたちは、SDカードが非常に気難しく、驚くほど電力を消費してしまうことを発見しました。 結局、一組の電池を1年以上使用することはできなかった。 搭載するコンデンサの数や配置を工夫することで、改善できる可能性があります。 結局、SDカードの制約を回避することはできず、レコーダーやカードを交換するためには、誰かがその場にいなければならなかったのです。彼らは無線ソリューションを欲しがっていましたが、当時は技術的に未熟でした。 その後、LoRaWANが登場し、長距離の低電力通信のための信頼性の高い技術であることが証明されました。 ウィリアムは、Seeed Studioから開発システムをいくつか購入し(同社は、LoRa製品のラインナップが最も充実していると彼は考えている)、作業を開始しました。 LoRaを理解し、利用するために必要なスキルを身につけたのです。 LoRa-E5は完全にゲームチェンジャーだと言えます。もう誰もSDカードを交換するために現場に行く必要はありません。 また、LoRaWANネットワーク用の「基地局」も作っている。山の中腹で使われているので通信に衛星を使う小さな独立したLoRaWANネットワークをいくつも構築するそうです。 激変する世界のための科学、より良い生活のための技術! この言葉の前半は、米国地質調査所(USGS)のスローガンに由来している。今でも世界には、地球環境問題への取り組みや改善のために日夜努力している人たちがいます。 ウィリアムたちは、私たちの知らない人たちとともに、それを象徴しているのです。…

詳しくへ

LoRa-E5と無料のSeeedFusion PCBAプロトタイプ–IoTへのインスピレーションライティング

BIG NEWS!! IoTの発展に貢献するために、Seeedは、世界中のハードウェア愛好家、デザイナー、メーカーとエンジニア向けに、Seeed Fusion PCB製造・実装サービスでLora-E5プロジェクトを後援しております。 LoRa-E5&Seeed Fusion PCBAサービスとは LoRa-E5は、初めてLoRa RFIC(SX126X)とMCU(STM32WLE5JC)を一つのモジュールに組み込んだSoCです。低エネルギーでありながら高性能・低コスト・コンパクトなアプリケーションを念頭に置いて設計され、FCC およびCE認証取得済みのLoRa-E5 LoRaWAN®モジュールは、フライト追跡、スマート農業、スマートシティ、無線検針、センサーネットワーク、無線通信、その他の低消費電力広域IoTシナリオなど、長距離・超低消費電力のアプリケーションに最適です。 The Things Network(TTN)のハードウェアエンジニアであるOrkhan AmirAslan氏は最近、LoRa-E5モジュール用の羽根型ブレイクアウトボードを開発し、Seeed Fusionのプリント基板実装ワンストップサービスで製造しました。 優れたアイデアは発見されるべき、優れたプロジェクトは世間に知られ、実現され、広く普及されるべき Lora-E5に関する面白いコンセプトをお持ちで、それをコミュニティで共有したいとお考えの方は、是非とも当社のワンストップサービスをご利用くださいませ。Seeed FusionのターンキーPCB製造・実装サービスで、2枚の基板を無料で入手しましょう。 また、すべての部品をPCBA Open Parts Libraries (OPL)から選択すれば、製造リードタイムをたった7営業日までに短縮できます。 さらに、量産を希望されるお客様に最適なお勧めは、Seeed Fusion PCB実装サービスです。LoRa-E5モジュールをわずか5.90米ドル(40%割引、元値9.90米ドル)で入手することができます。 あなたのLoRa-E5プロジェクトを次のレベルへと引き上げましょう! 応募方法:…

詳しくへ