LoRa-E5と無料のSeeedFusion PCBAプロトタイプ–IoTへのインスピレーションライティング

BIG NEWS!! IoTの発展に貢献するために、Seeedは、世界中のハードウェア愛好家、デザイナー、メーカーとエンジニア向けに、Seeed Fusion PCB製造・実装サービスでLora-E5プロジェクトを後援しております。 LoRa-E5&Seeed Fusion PCBAサービスとは LoRa-E5は、初めてLoRa RFIC(SX126X)とMCU(STM32WLE5JC)を一つのモジュールに組み込んだSoCです。低エネルギーでありながら高性能・低コスト・コンパクトなアプリケーションを念頭に置いて設計され、FCC およびCE認証取得済みのLoRa-E5 LoRaWAN®モジュールは、フライト追跡、スマート農業、スマートシティ、無線検針、センサーネットワーク、無線通信、その他の低消費電力広域IoTシナリオなど、長距離・超低消費電力のアプリケーションに最適です。 The Things Network(TTN)のハードウェアエンジニアであるOrkhan AmirAslan氏は最近、LoRa-E5モジュール用の羽根型ブレイクアウトボードを開発し、Seeed Fusionのプリント基板実装ワンストップサービスで製造しました。 優れたアイデアは発見されるべき、優れたプロジェクトは世間に知られ、実現され、広く普及されるべき Lora-E5に関する面白いコンセプトをお持ちで、それをコミュニティで共有したいとお考えの方は、是非とも当社のワンストップサービスをご利用くださいませ。Seeed FusionのターンキーPCB製造・実装サービスで、2枚の基板を無料で入手しましょう。 また、すべての部品をPCBA Open Parts Libraries (OPL)から選択すれば、製造リードタイムをたった7営業日までに短縮できます。 さらに、量産を希望されるお客様に最適なお勧めは、Seeed Fusion PCB実装サービスです。LoRa-E5モジュールをわずか5.90米ドル(40%割引、元値9.90米ドル)で入手することができます。 あなたのLoRa-E5プロジェクトを次のレベルへと引き上げましょう! 応募方法:…

詳しくへ

RS232とRS485の違いは何ですか?

RS232 vs RS485。両方のシリアル通信規格は、業界に大きな影響を与えました。半世紀以上前に導入されたにもかかわらず、どちらもまだかなり広く使用されています。彼らは2つのそれほど異なるシリアルコミュニケーターではありません。業界では、それらのアプリケーションはそれほど異なりません。 続ける前に、他の記事をチェックして、それぞれRS232とRS485の詳細を確認してください。 RS232とは何ですか?開始方法とは? RS485を産業用制御システムに実装する方法は? RS232とRS485はどちらも、次のようなアプリケーションで使用できます。 科学機器 産業用ワイヤレスコントロール コンピューター ロボット 医療機器等 主な違い したがって、RS232とRS485のどちらを選択するのでしょうか。このために、私たちはそれらの主な違いに見分けます: 動作距離 電気ノイズおよび接地電位に対する耐性 送信機と受信機の数 データ転送速度 動作距離 RS232の送信機と受信機の間の最大動作距離は15メートルです。ただし、データレートが遅いというトレードオフにより、長さを大幅に延長できます。 RS485の場合、距離は最大1200メートルと著しく長くなります。これはRS232の24倍の距離です。機器が送信機から離れた場所で動作することを意図している場合にのみ、RS485を選択することが合理的です。 電気騒音および接地電位に対する耐性 RS232は、接地電位の差が最小の場合に良好に機能する電圧レベルベースのシステムで動作します。ただし、電位レベルが異なる電気的に騒音の多い環境では、RS232は壊れやすく、データが破損する可能性があります。 対照的に、RS485は差動電圧システムで動作します。これにより、RS485はより高いレベルの騒音耐性を発揮できます。差動電圧システムにより、RS485はより長いデータ転送距離とより低い電圧使用を提供し、データ速度の向上に役立ちます。 送信機と受信機の数 RS232シリアルインターフェースは2つのデバイスを接続するためのものです。 1つの送信機と1つの受信機があります。 RS485シリアルインターフェースは、最大32台のデバイスを1つの送信機に接続できます。 RS232とRS485は固定されていないことにも注意してください。新しい機器は、より一般的にUSBインターフェースを使用します。したがって、さまざまな種類の機器や古いデバイスと新しいデバイスを連携させるには、USBからRS232またはRS4852からUSBへの変換が必要です。 RS232をRS485に、またはその逆に変換する必要がある場合もあります。…

詳しくへ

WS2812BとWS2813アドレス指定可能なRGBLEDストリップ–違いところとは?

WS2812Bは、非常に人気のあるLEDストリップであり、多くの利点の中でも低い駆動電圧、高輝度、優れた色の一貫性を考えると、間違いなくすべてのメーカーの派手なプロジェクトの最愛の主力です。 WS2812の改良版であるWS2812Bは、インテリジェント制御LED光源であり、制御回路とRGBチップが5050 RGBLEDに直接統合されています。デジタルLEDストリップとして、アドレス指定可能な各LEDには、各LEDの明るさと色を個別に制御できるようにする統合ドライバーがあります。つまり、LEDは、隣のLEDとは異なる色と明るさの両方にすることができます。これにより、美しく複雑な照明効果を作成できます。 この人気のあるLEDストリップシリーズの最新モデルはWS2813です。 WS2813はWS2812Bの更新バージョンであり、WS2812BがWS2812の改良バージョンであるのと同様です。 WS2812Bと同様に、5050 RGB LEDに統合された制御回路とRGBチップも備えており、各LEDを個別に制御できます。しかし、比較的新しいモデルとして、WS2813はその人気のある前身であるWS2812Bとどのように重なりますか?改善されたバージョンとして、特定の領域でWS2812Bよりも優れていることが期待されます。 さらに面倒なことはせずに、2つの違いについて詳しく見ていきましょう。 1.WS2812BとWS2813の主な違いは何ですか? 2つのLEDストリップの最も重要な違いは、LEDバイパス特性です。 WS2813がWS2812Bに勝る最大の利点の1つは、信号ブレークポイント連続伝送を備えたデュアル信号ワイヤで動作することです。 つまり、チェーンの途中のLEDが点灯した場合、回路は閉じたままで、他のLEDは引き続き点灯します。他の隣接するLEDが壊れていない限り、残りのLEDは正常に動作し続けます。 WS2812Bストリップで1つのLEDが壊れているか焼けていると、回路が壊れて、チェーン内の他のLEDが機能しなくなります。 これは、古いWS1812Bにはデータ信号が1つしかないため、LEDが壊れていると、他のLEDが機能しなくなるためです。ただし、WS2813 LEDには2つのデータ信号があります。つまり、2つの隣接するLEDが損傷しない限り、チェーン内のピクセル障害が信号転送に影響を与えることはありません。 1つのLEDだけが機能しない場合、それはそれほど悪くはありません。修理を検討している間、残りは通常どおり点滅し続けることができます。 この単純な違いにより、WS2813はより信頼性の高いLEDストリップとして生まれ、次の派手なプロジェクトにアップグレードする価値があります。 2.WS2812Bの周波数はWS2813の周波数とどのように異なりますか? WS1813の優れた表示効果は、単一のWS2813およびWS2812B LEDを定規に固定し、左右にすばやく振ると明らかになります。 WS2812Bに対するWS2813のもう1つの利点は、リフレッシュ周波数レートが2000 Hzと高いことですが、WS2812Bの周波数は400Hzと低くなっています。 したがって、WS2813は、カメラでキャプチャしたときにちらつきが発生することなく、優れた表示効果を生み出します。 3.WS2813のリセット時間はWS2812Bのリセット時間と比較してどうですか? WS2813のリセット時間は250μsであるため、WS2813 LEDは、より低い周波数とより安価なマイクロコントローラーでより適切に機能します。 4.WS2812BとWS2813の両方に同じコントローラーを使用できますか? はい、同じコントローラーをWS2812BとWS2813に使用できます。 LEDストリップの使用は初めてですか?もしそうなら、単に電源に接続しただけでは点灯しないことを知らないかもしれません。また、一般的なパッシブLEDとは異なり、パルスカラーにするのはより複雑です。コントローラに接続する必要があります。コントローラを介して有効なコマンドをLEDに送信する必要があります。コントローラの例には、人気のあるArduinoとRaspberryPiが含まれます。コントローラにプログラムしたものを使用して、個々のLEDに色、明るさ、および想定する期間を「通知」します。…

詳しくへ

10個ラズベリーパイピコプロジェクトのアイデア!

Raspberry Pi Picoマイクロコントローラーユニット(MCU)は、RaspberryPiファミリーの最新製品です。全世界がこの新しい初心者向けのMCUを期待しています。Seeedもそれを楽しむことができる方法を考えています。 この記事で、10個のRaspberry PiPicoプロジェクトを紹介し、今後のプロジェクトにインスピレーションを得られるといいと思います。  ラズベリーパイピコの特徴 ラズベリーパイ財団の最新のMCUが何を提供しているのか疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。 簡単に言えば、ピコにはほとんどすべてが揃っています! Raspberry Pi Foundationの内部のRP2040で実行され、UART、SPI、I2C、ADC、GPIOなどのI / O周辺機器を豊富に備えた非常に柔軟なMCUです。 さらに、Raspberry PiPicoのヘッドライン機能であるProgrammableI / Oを使用すると、Pico上の8つのステートマシンに処理負荷をオフショアリングすることで、この小さなMCUでのコンピューティングの可能性を広げることができます。 詳細については、プログラマブルI / Oに関する記事をご覧ください。 Raspberry Pi Pico Pinout さらに良いことに、Raspberry PiPicoはそのままMicroPythonを実行することができます。 初心者向けのPython言語を使用してプログラミングできます。初心者にとって最適なエントリポイントといえます。 Arduinoは、Arduino Coreの公式ポートをRP2040にリリースしました。つまり、すぐに利用可能な数千のArduinoライブラリとチュートリアルを活用できるようになります。 これらのRaspberryPi…

詳しくへ

LoRa-E5プロジェクトを無料で製造できる!Seeed Fusion PCB 実装サービスで

LoRa-E5が発売されて以来、多くの IoT コミュニティに人気を博しました。IoT コミュニティと LoRaプロジェクトを更にサーポートするため、Seeedは現在、もう一つのスポンサーシップイベントを開催します。Seeed Fusion PCBでLoRa-E5プロジェクトを製造するお客様は250ドルのクーポンが獲得できます! LoRa-E5とは   LoRa-E5は世界初の STシステム級のMCUを内装するLoRaモジュールで、コンパクトなサイズと簡単な実装および調整方法のため、新しいIoT コミュニティの最も有力な候補となります。なお、LoRa技術の機能を強化することによって、LoRaWANセンサーノードとその他のワイヤレス通信アプリケーション、特に長距離と超低電力アプリケーションに適しています。 将来、スマートシティ、産業用製品、スマートホーム製品、健康管理などの知能的かつ効率的なネットワークを提供する上で重要な役割を果たすことが期待できます。 LoRa-E5について詳しく知りたい方はこちらのリンクをご参照ください。 LoRa-E5プロジェクトスポンサーシップ 現在、Seeed Fusion PCBの実装サービスでLoRa-E5プロジェクトを製造するだけで250ドルのクーポンがもらえます。スポンサーシップ活動に参加したい方は下記のアンケートでご記入ください。 https://forms.gle/EcNzuEeu46iR5eHDA 活動の申し込みに成功した方は、デザインが完成してからこちら([email protected])へお知らせください。後ほど、アカウントに250ドルのクーポンをお送りします。 LoRa-E5 プロジェクトの量産割引 Seeedは今まで、設計者がより便利で、低コスト、高品質かつ高利益でIoT設計を実現できるプラットフォームを提供することに取り組んでいます。現在、SeeedのLoRa-E5の在庫が十分あるため、LoRa-E5 プロジェクトの量産に適合しています。そして、LoRa-E5 プロジェクトの量産の注文には、Seeedから特別なサポートと割引がえられます。 LoRa-E5 プロジェクト量産の方は最高6%の試作製造の返金がもらえます。それから、SeeedのMarketplace プラットフォームでの製品販売、および Seeedの ブログ、フェイスブック(フォロ者数44.3K )、ツイッター(フォロ者数44.3K…

詳しくへ

プロジェクトをシェアして、50 ドルとIoT 開発ボード1枚を入手

多くの基板実装サービスをご利用をいただいたお客様から、Seeed Bazzar プラットフォームを通じて製品を販売したいというフィードバックを受け取ったため、Marketplace プラットフォームを立ち上げることにした。 その中に、お客様の製品が Marketplaceでの販売に適しているかどうかをより迅速に確認できるために、基板実装のプロジェクトの募集活動を開催した! お客様がプロジェクトをご提出いただいてから、弊社がプロジェクトの評価を行い、承認されたら、製品をSeeedのブログ、フェイスブック(フォロワー数44.3K )、ツイッター(フォロワー数44.3K )、毎月の電子ニュースレターを通じて、多くの人に広げる! 製品のフィードバックをすばやく受け取ることができると同時に、製品やプロジェクトがより多くの露出機会がもらえる。 プロジェクト募集活動の案内: 活動期間:活動公開日から2021年12月31日まで。 参加条件:Seeed Fusion PCBAサービスを利用したプロジェクト 参加方法:下記のアンケートを通じて、プロジェクト名、プロジェクトの紹介、リンクと製品の写真 (オプション)、Fusion 基板実装サービスの利用体験などの情報を提出する。 こちらのリンクにご記入:https://forms.gle/bi7htR5L8bQfxVRNA 備考:弊社はお客様のプライバシーと製品の安全性を尊重する。設計文書は必要がない。機密性が要求される場合、写真もオプションだ。 アンケートをご記入いただいたら、弊社がプロジェクトの評価を行い、認証された製品の持ち主にに50ドルの基板実装のクーポン+ 1枚のIoT開発ボードを報酬として送る。IoT開発ボードはLoRa-E5 mini (STM32WLE5JC)Dev Board ($19.90)/Wio RP2040mini Dev Board ($12.95)…

詳しくへ

WioRP2040スポンサーシップ-Seeed FusionPCBAサービスで

Seeedは、RaspberryPiのRP2040チップをベースにしたWioRP2040モジュールを発売した。 新しいリリースに関連して、Seeed FusionPCBで作成されたWioRP2040デザインを製造する場合、Seeedは5枚のWioRP2040モジュールを無料で提供する。 Wio RP2040とは何ですか? Seeedstudio Wio RP2040モジュールは、802.11 b / g / n標準をサポートするRP2040SoCベースの小型2.4GHzWi-Fiモジュールだ。RaspberryPiマイクロコントローラーを使用すると、Micropythonで強力なWiFi接続デバイスを簡単に作成できる。 30 GPIO、I2C、SPI、UARTを含むRP2040チップのすべての最高のピンを分解した。さらに、このモジュールにはオンボードPCBアンテナがあるため、独自に設計しなくても、モジュールを独自のボードにすばやく展開できる。 Seeedstudio WioRP2040モジュールの機能 Raspberry Pi RP204032ビットCortexM0 +デュアルコア、最大133Mhzで動作する柔軟なクロック 264KBのSRAM、および2MBのオンボードフラッシュメモリ 2.4GHzワイヤレス接続(IEEE802.11 b / g / nをサポート、2.4〜2.4835 GHzをサポート、ApおよびStationモードをサポート) ユーザーがプログラム可能なGPIO制御のサポート…

詳しくへ

7つのよく見られる基板検査、はんだ付けの検査方法

近年、製造業者、愛好家、新興企業のいずれであっても、基板実装機検査の適用が広く注目されている。おそらく、品質保証の重要性の高まり、より小規模なバッチ製造への変更、そしてその後の効率的な検査方法が求められるだと思う。 製造工程全体が複雑で、さまざまな要因で影響されやすい。一枚の基板に数百の部品と数千のはんだ接続が存在しているので、適切な検証が行わないと、プロセス全体が失敗に終わってしまう。したがって、電子機器製造業界と製品開発者は、製品の品質を保証するため、さまざまな検査および検討手順を確立し、課題に積極的に対応している。 基板検査は、重大なエラーを早期に特定し、歩留まりを向上させ、コストを削減し、全体的な品質と安全性を向上させるのに役に立っている。 基板機能検査は、基板を実際に使用するために検証するための最良かつ最も用途の広いツールの1つだが、メーカーの兵器庫にある多くの検査方法の1つにすぎない。それぞれの検査方法には長所と短所があるため、状況と予算に最適な検査方法を決定するのは難しい場合もある。この記事では、最も一般的な基板実装の検査方法の7つを紹介する。 1.目視検査 基板実装検査は、一般的に電気検査と目視検査の方法に分けられている。目視検査とは、拡大鏡または技術者の目で、はんだの欠陥や、部品の向き、部品の欠落、基板の汚れなどの他の目に見える欠陥を見つけ、最も単純で基本的な検査方法だ。 利点: 安価で設置が簡単–検査設備は必要はない ほとんどのはんだ欠陥は特定できない 短所: 人為エラーが発生する可能性があって、技術者のスキルに依存しすぎ 時間と労力がかかり、一貫性がない 目に見えるはんだ接合のみを検査でき–隠れた接合と下側の接合は評価できない 応用:部品が大きく、数量が少ないシンプルな設計に最適だと考えられる 2.インサーキット検査(ICT) 基板実装 ICTは量産製品にもっと人気のある基板実装検査だ。自動検査の一形態であり、一般的な障害カバレッジは90%以上だ。 基板実装 ICTの実行中、釘のベッド形式の電気プローブは、指定された検査ポイントで基板上の特定の場所に電流を送信する。部品の欠落、はんだの欠陥、またはダイオード/トランジスタの向きの誤りが原因である可能性がある短絡や開回路をチェックできる。 大規模な量産の場合、オーダーメイドの検査治具を作成して、回路内でより迅速かつ効率的に実行できる。 利点: エラーカバレッジは98% 大量生産された製品を検査する効率的で迅速な方法 短所: 検査治具は追加費用がかかる 設計を変更するには検査治具を変更/再作成する必要があるため、少量のバッチ生産や試作には適していない 検査ポイントにのみアクセスでき、設計者は基板に検査ポイントを追加する必要がある。 特定の欠陥を評価できないーはんだの過剰または不足、ボイド 応用:成熟した製品を大量に検査するのに適している 3….

詳しくへ

Seeed FusionPCB基板実装―1枚無料機能テスト

基板実装の製造は非常に複雑で、多くのプロセスが含まれています。したがって、機能テストは、組み立てられた基板の性能を保証するための重要な品質管理方法です。Seeed Fusionは、すべての基板実装注文に対して無料の機能テストを正式に開始しました。 なぜテストが重要ですか? 届いた製品は不良であることほどがっかりすることはありません。実装された基板も同じだと思います。不良基板は経済的にも時間的にもコストがかかり、特に必要な再作業装置がなければ、改善するのが難しい場合があります。小ロット製造では、AOIやX線検査(AXI)などのより高価な試験方法を利用できないです。そこで、機能テストが役立ちます。 基板実装機能テストとは何ですか? 生産プロセス全体の最後の品質保証ステップである機能テストでは、実際の動作環境をシミュレートすることにより、基板が想定どおりに動作することを確認します。機能テストは、簡単なオン/オフ電源テスト、LEDテスト、または包括的なソフトウェアプログラムの実行ことです。 Seeedは、基板実装製品の品質を保証し、コストのかかる遅延を避けるために、基板実装の注文ごとに一枚に対して無料の機能テストを提供するようになりました。 製造業では、初期の問題が発見されるほど、より安価で簡単に解決できます。エンジニアが基板を出荷する前にテストを処理できるようにすることで、欠陥のあるボードを現場で再加工し、生産現場を離れるすべてのボードが意図したとおりに機能するようにします。 当社の技術者は、ポイントツーポイントの電圧テストを実行し、カスタムテストジグを作成し、社内でファームウェアの書き込みを処理することもできます。 1枚の無料PCBA機能テストを取得するにはどうすればよいですか? まず、いつものように、ガーバーファイルとBOMファイルをアップロードし、基板のパラメータとその他の機能をお選びください。システムは通常どおり基板実装の見積もりを生成します。 上記を完了した後、機能テストのセクションと下に移動し、[1枚無料機能テスト]をお選びください。次に、基板の機能を期待どおりにテストする方法を説明するテストファイルをアップロードします。実装が完成する前であればいつでも、テストファイルをアップロードすることができます。 注:1枚基板の機能テストでは、通常、リードタイムが約2営業日長くなります。高精度試験および高電圧試験、または技術者に健康上のリスクをもたらす試験は受け入れられません。お客様は、テストに必要な専門のツールまたは材料に対して料金を支払う必要があります。 テスト手順と機能の詳細については、基板実装機能テストFAQごを参照。 Seeed Fusionの機能テストを通じて、歩留まり、効率の向上、基板実装の安価化を実現します。今すぐ見積もりを取得して、無料の基板実装機能テストを利用する最初の企業の1社になりましょう。 すべての基板実装注文での無料の機能テストに加えて、Seeedは無料のDFMおよびDFAレビューも提供して、歩留まりを最大化し、実装の複雑さを最小限に抑えます。 Seeedは、12年以上にわたって電子設計および製造業界に携わってきました。 豊富な製造経験とISO9001品質管理基準により、Seeedは、製造サイクルでできるだけ早くエラーを排除することの重要性を十分に認識しています。 そのため、無料のPCB Design for Manufacturing(DFM)レビューに加えて、基板実装の注文ごとに無料でPCBA Design for Assembly(DFA)レビューも提供しています。無料の機能テストを追加することにいたしました。この利点に皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。

詳しくへ

Seeed Fusion PCBへようこそ!

創業13年のSeeed Fusion PCBとは、プリント基板のネット通販のパイオニアとして、プリント基板試作、製造、実装、量産までをインターネット上で「ワンストップ・ソリューション」に提供する企業です。 長年、低価格・短納期・高品質の基板製品を提供しております。 大手メーカー様、学校・研究機関様、個人事業主様など、50,000社を越える取引実績があります。 プリント基板の注文方法 お支払いについて 出荷納期について 各伝票について よくある質問 標準規格書について Fusion PCBを選ぶ理由とは ISO取得製造工場による安心の品質管理 FusionPCBのプリント基板製造サービスでは、試作小ロットも「不具合ゼロ」を目指し、最終検査で全数オープンショートテスト(導通検査)を無料実施し、問題のない品質の基板を安価でご提供します。 また、FusionPCBの提携する基板製造工場は、全て「ISO9001」に準拠した生産体制を整え、ROHS証明及びNDA(秘密保持契約)の発行も可能です。届いた不良製品に対して、お客様がご満足いただけるように補償対応します。 1-Click見積だけで、瞬時に納期と費用を明朗回答 メールやり取りを最小限に抑え、 お客様の時間も手間もコストオフ!要件をご入力いただくだけで納期や価格にその場で見積額をご提示致します。明朗迅速回答を今すぐお確かめください。 ※実装製造サービスでは、個別見積もりとさせていただいております。 初心者でも安心の親切対応! プリント基板製造サービスでは、製造前に専門チームによる入念なデータチェックを行い、万一のミスを事前に防ぎます。データチェック項目はパターン、レジスト、シルク、外形線、全体、ドリルデータ・ドリルリスト、ファイルが含まれています。 お客様からお預かりしたデータに不備があった場合には、必ずメールにて連絡を差し上げます。 初心者の方も安心してご利用いただける日本語で親切サポート体制で、お気になるところがあれば、お気軽にご連絡ください。 お得なボリュームディスカウント! DFAサービス–基板組立性審査ー無料! 実装ファイルのデーターチェックを無料で実施し、実装ミスを事前に防ぐ ビジネスユーザー向け、無料で基板実装試作 製品のバッチ生産(100個以上)の準備ができたら、SeeedFusionを使用したプロトタイピングのコストを返金できます。 Raspberry Pi…

詳しくへ