プロジェクトをシェアして、50 ドルとIoT 開発ボード1枚を入手

多くの基板実装サービスをご利用をいただいたお客様から、Seeed Bazzar プラットフォームを通じて製品を販売したいというフィードバックを受け取ったため、Marketplace プラットフォームを立ち上げることにした。 その中に、お客様の製品が Marketplaceでの販売に適しているかどうかをより迅速に確認できるために、基板実装のプロジェクトの募集活動を開催した! お客様がプロジェクトをご提出いただいてから、弊社がプロジェクトの評価を行い、承認されたら、製品をSeeedのブログ、フェイスブック(フォロワー数44.3K )、ツイッター(フォロワー数44.3K )、毎月の電子ニュースレターを通じて、多くの人に広げる! 製品のフィードバックをすばやく受け取ることができると同時に、製品やプロジェクトがより多くの露出機会がもらえる。 プロジェクト募集活動の案内: 活動期間:活動公開日から2021年12月31日まで。 参加条件:Seeed Fusion PCBAサービスを利用したプロジェクト 参加方法:下記のアンケートを通じて、プロジェクト名、プロジェクトの紹介、リンクと製品の写真 (オプション)、Fusion 基板実装サービスの利用体験などの情報を提出する。 こちらのリンクにご記入:https://forms.gle/bi7htR5L8bQfxVRNA 備考:弊社はお客様のプライバシーと製品の安全性を尊重する。設計文書は必要がない。機密性が要求される場合、写真もオプションだ。 アンケートをご記入いただいたら、弊社がプロジェクトの評価を行い、認証された製品の持ち主にに50ドルの基板実装のクーポン+ 1枚のIoT開発ボードを報酬として送る。IoT開発ボードはLoRa-E5 mini (STM32WLE5JC)Dev Board ($19.90)/Wio RP2040mini Dev Board ($12.95)…

詳しくへ

WioRP2040スポンサーシップ-Seeed FusionPCBAサービスで

Seeedは、RaspberryPiのRP2040チップをベースにしたWioRP2040モジュールを発売した。 新しいリリースに関連して、Seeed FusionPCBで作成されたWioRP2040デザインを製造する場合、Seeedは5枚のWioRP2040モジュールを無料で提供する。 Wio RP2040とは何ですか? Seeedstudio Wio RP2040モジュールは、802.11 b / g / n標準をサポートするRP2040SoCベースの小型2.4GHzWi-Fiモジュールだ。RaspberryPiマイクロコントローラーを使用すると、Micropythonで強力なWiFi接続デバイスを簡単に作成できる。 30 GPIO、I2C、SPI、UARTを含むRP2040チップのすべての最高のピンを分解した。さらに、このモジュールにはオンボードPCBアンテナがあるため、独自に設計しなくても、モジュールを独自のボードにすばやく展開できる。 Seeedstudio WioRP2040モジュールの機能 Raspberry Pi RP204032ビットCortexM0 +デュアルコア、最大133Mhzで動作する柔軟なクロック 264KBのSRAM、および2MBのオンボードフラッシュメモリ 2.4GHzワイヤレス接続(IEEE802.11 b / g / nをサポート、2.4〜2.4835 GHzをサポート、ApおよびStationモードをサポート) ユーザーがプログラム可能なGPIO制御のサポート…

詳しくへ

7つのよく見られる基板検査、はんだ付けの検査方法

近年、製造業者、愛好家、新興企業のいずれであっても、基板実装機検査の適用が広く注目されている。おそらく、品質保証の重要性の高まり、より小規模なバッチ製造への変更、そしてその後の効率的な検査方法が求められるだと思う。 製造工程全体が複雑で、さまざまな要因で影響されやすい。一枚の基板に数百の部品と数千のはんだ接続が存在しているので、適切な検証が行わないと、プロセス全体が失敗に終わってしまう。したがって、電子機器製造業界と製品開発者は、製品の品質を保証するため、さまざまな検査および検討手順を確立し、課題に積極的に対応している。 基板検査は、重大なエラーを早期に特定し、歩留まりを向上させ、コストを削減し、全体的な品質と安全性を向上させるのに役に立っている。 基板機能検査は、基板を実際に使用するために検証するための最良かつ最も用途の広いツールの1つだが、メーカーの兵器庫にある多くの検査方法の1つにすぎない。それぞれの検査方法には長所と短所があるため、状況と予算に最適な検査方法を決定するのは難しい場合もある。この記事では、最も一般的な基板実装の検査方法の7つを紹介する。 1.目視検査 基板実装検査は、一般的に電気検査と目視検査の方法に分けられている。目視検査とは、拡大鏡または技術者の目で、はんだの欠陥や、部品の向き、部品の欠落、基板の汚れなどの他の目に見える欠陥を見つけ、最も単純で基本的な検査方法だ。 利点: 安価で設置が簡単–検査設備は必要はない ほとんどのはんだ欠陥は特定できない 短所: 人為エラーが発生する可能性があって、技術者のスキルに依存しすぎ 時間と労力がかかり、一貫性がない 目に見えるはんだ接合のみを検査でき–隠れた接合と下側の接合は評価できない 応用:部品が大きく、数量が少ないシンプルな設計に最適だと考えられる 2.インサーキット検査(ICT) 基板実装 ICTは量産製品にもっと人気のある基板実装検査だ。自動検査の一形態であり、一般的な障害カバレッジは90%以上だ。 基板実装 ICTの実行中、釘のベッド形式の電気プローブは、指定された検査ポイントで基板上の特定の場所に電流を送信する。部品の欠落、はんだの欠陥、またはダイオード/トランジスタの向きの誤りが原因である可能性がある短絡や開回路をチェックできる。 大規模な量産の場合、オーダーメイドの検査治具を作成して、回路内でより迅速かつ効率的に実行できる。 利点: エラーカバレッジは98% 大量生産された製品を検査する効率的で迅速な方法 短所: 検査治具は追加費用がかかる 設計を変更するには検査治具を変更/再作成する必要があるため、少量のバッチ生産や試作には適していない 検査ポイントにのみアクセスでき、設計者は基板に検査ポイントを追加する必要がある。 特定の欠陥を評価できないーはんだの過剰または不足、ボイド 応用:成熟した製品を大量に検査するのに適している 3….

詳しくへ

Seeed FusionPCB基板実装―1枚無料機能テスト

基板実装の製造は非常に複雑で、多くのプロセスが含まれています。したがって、機能テストは、組み立てられた基板の性能を保証するための重要な品質管理方法です。Seeed Fusionは、すべての基板実装注文に対して無料の機能テストを正式に開始しました。 なぜテストが重要ですか? 届いた製品は不良であることほどがっかりすることはありません。実装された基板も同じだと思います。不良基板は経済的にも時間的にもコストがかかり、特に必要な再作業装置がなければ、改善するのが難しい場合があります。小ロット製造では、AOIやX線検査(AXI)などのより高価な試験方法を利用できないです。そこで、機能テストが役立ちます。 基板実装機能テストとは何ですか? 生産プロセス全体の最後の品質保証ステップである機能テストでは、実際の動作環境をシミュレートすることにより、基板が想定どおりに動作することを確認します。機能テストは、簡単なオン/オフ電源テスト、LEDテスト、または包括的なソフトウェアプログラムの実行ことです。 Seeedは、基板実装製品の品質を保証し、コストのかかる遅延を避けるために、基板実装の注文ごとに一枚に対して無料の機能テストを提供するようになりました。 製造業では、初期の問題が発見されるほど、より安価で簡単に解決できます。エンジニアが基板を出荷する前にテストを処理できるようにすることで、欠陥のあるボードを現場で再加工し、生産現場を離れるすべてのボードが意図したとおりに機能するようにします。 当社の技術者は、ポイントツーポイントの電圧テストを実行し、カスタムテストジグを作成し、社内でファームウェアの書き込みを処理することもできます。 1枚の無料PCBA機能テストを取得するにはどうすればよいですか? まず、いつものように、ガーバーファイルとBOMファイルをアップロードし、基板のパラメータとその他の機能をお選びください。システムは通常どおり基板実装の見積もりを生成します。 上記を完了した後、機能テストのセクションと下に移動し、[1枚無料機能テスト]をお選びください。次に、基板の機能を期待どおりにテストする方法を説明するテストファイルをアップロードします。実装が完成する前であればいつでも、テストファイルをアップロードすることができます。 注:1枚基板の機能テストでは、通常、リードタイムが約2営業日長くなります。高精度試験および高電圧試験、または技術者に健康上のリスクをもたらす試験は受け入れられません。お客様は、テストに必要な専門のツールまたは材料に対して料金を支払う必要があります。 テスト手順と機能の詳細については、基板実装機能テストFAQごを参照。 Seeed Fusionの機能テストを通じて、歩留まり、効率の向上、基板実装の安価化を実現します。今すぐ見積もりを取得して、無料の基板実装機能テストを利用する最初の企業の1社になりましょう。 すべての基板実装注文での無料の機能テストに加えて、Seeedは無料のDFMおよびDFAレビューも提供して、歩留まりを最大化し、実装の複雑さを最小限に抑えます。 Seeedは、12年以上にわたって電子設計および製造業界に携わってきました。 豊富な製造経験とISO9001品質管理基準により、Seeedは、製造サイクルでできるだけ早くエラーを排除することの重要性を十分に認識しています。 そのため、無料のPCB Design for Manufacturing(DFM)レビューに加えて、基板実装の注文ごとに無料でPCBA Design for Assembly(DFA)レビューも提供しています。無料の機能テストを追加することにいたしました。この利点に皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。

詳しくへ

Seeed Fusion PCBへようこそ!

創業13年のSeeed Fusion PCBとは、プリント基板のネット通販のパイオニアとして、プリント基板試作、製造、実装、量産までをインターネット上で「ワンストップ・ソリューション」に提供する企業です。 長年、低価格・短納期・高品質の基板製品を提供しております。 大手メーカー様、学校・研究機関様、個人事業主様など、50,000社を越える取引実績があります。 プリント基板の注文方法 お支払いについて 出荷納期について 各伝票について よくある質問 標準規格書について Fusion PCBを選ぶ理由とは ISO取得製造工場による安心の品質管理 FusionPCBのプリント基板製造サービスでは、試作小ロットも「不具合ゼロ」を目指し、最終検査で全数オープンショートテスト(導通検査)を無料実施し、問題のない品質の基板を安価でご提供します。 また、FusionPCBの提携する基板製造工場は、全て「ISO9001」に準拠した生産体制を整え、ROHS証明及びNDA(秘密保持契約)の発行も可能です。届いた不良製品に対して、お客様がご満足いただけるように補償対応します。 1-Click見積だけで、瞬時に納期と費用を明朗回答 メールやり取りを最小限に抑え、 お客様の時間も手間もコストオフ!要件をご入力いただくだけで納期や価格にその場で見積額をご提示致します。明朗迅速回答を今すぐお確かめください。 ※実装製造サービスでは、個別見積もりとさせていただいております。 初心者でも安心の親切対応! プリント基板製造サービスでは、製造前に専門チームによる入念なデータチェックを行い、万一のミスを事前に防ぎます。データチェック項目はパターン、レジスト、シルク、外形線、全体、ドリルデータ・ドリルリスト、ファイルが含まれています。 お客様からお預かりしたデータに不備があった場合には、必ずメールにて連絡を差し上げます。 初心者の方も安心してご利用いただける日本語で親切サポート体制で、お気になるところがあれば、お気軽にご連絡ください。 お得なボリュームディスカウント! DFAサービス–基板組立性審査ー無料! 実装ファイルのデーターチェックを無料で実施し、実装ミスを事前に防ぐ ビジネスユーザー向け、無料で基板実装試作 製品のバッチ生産(100個以上)の準備ができたら、SeeedFusionを使用したプロトタイピングのコストを返金できます。 Raspberry Pi…

詳しくへ

5枚無料のRaspberryPi Pico-Seeed FusionPCB 実装サービス

ビッグニュース! Raspberry Piは新製品-Picoをリリースしました。Picoは複雑性が高く高性能な電子製品のカスタマイズに適しています。お客様がこの優れたマイコンを利用し、アイデアをより速く製品にすることを支援するために、Seeedはスポンサー付きのイベントが開催しました!SeeedFusion PCBはPicoを実装する注文に5枚のPicoを無料で提供しています。  Raspberry Pi Picoとは何ですか? Raspberry Pi Picoは、RaspberryPi独自のMCUであるRP2040を使用した最初の製品です。このチップは133MHz、2つのARM Cortex-M0 +コア;256KBのRAMとSPIフラッシュ用の6つの専用IOを備えています。柔軟性がありながら費用効果が高いように設計されたRaspberryPi Picoは、2MBのQSPIフラッシュメモリを備えており、30個のGPIOピンと幅広い接続オプションにアクセスできます。 現在、Raspberry PiPicoはRaspberry Pi製品および周辺機器の承認された再販業者であるSeeedBazaarで購入可能です。 Picoは、多機能の穴埋め/パッド設計を特徴としており、開発ボードで一般的に見られるようにはんだ付けできます。ボード全体を表面実装可能なモジュールとして扱うことができます。SMT実装をさらにサポートするために、テープとリールの形式で提供されます。 MicroPythonポート備えたPicoは初心者に最適です。詳細なドキュメントや簡単なインストールも利用できます。Picoには、機械学習、スマートホーム、ウェアラブルからロボットまで、あらゆる応用に対応するためのパワーと柔軟性もあります。  Raspberry Pi Picoの基板実装のスポンサーシップ 新しいボードのリリースを祝い、新しいMCUでの開発を促進するために、SeeedはFusionPCB実装サービスでRaspberryPiPicoデザインをサポートしています。Picoを実装するデザインが当社によって作成された場合、5枚の無料のPicoを入手できます。  申し込み方法: 下記のリンクで調査アンケートに記入してください。 https://forms.gle/fPae22KPiMAA9XG29 アンケートを記入した後、Picoの設計に基づいて基板実装を注文する準備ができたら、弊社からクーポンをお送りします。費用効果が高く強力なマイコンピュータをお探すなら、この機会をお見逃しないでくだいさい。 Seeed Fusionは、10年以上にわたってワンストップの電子ハードウェアサービスを提供いてきており、実装基板を低コストで提供する専門知識とエンジニアリングの知識を持ち、幅広い付加価値サービスと機能も備えています。特に当社のDFAサービスは、コストのかかる設計エラーを避け、スムーズな生産実行を保証することができます。 Raspberry Piと緊密に連携し、独自のRaspberry Piデザインを開発および製造しているSeeedは、ボードに組み込まれる部品に精通しており、この専門知識を製品製造に応用することができます。…

詳しくへ

旧正月年末年始休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 Seeed FusionPCBの年末年始の休業は、下記のとおりとさせていただきます。 皆様には、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。 ◆年末年始の休業期間 事務所:2021年2月11日(木)~2021年2月17日(水) 工場:2021年2月5日(金)~2021年2月22日(月) 休業期間中、オンライン見積もり、データチェックせは通常通りですが、基板製造と実装は2月18日(木)より順次ご対応させていただきます。 ◆春節(旧正月)とは 春節とは、中国における旧暦のお正月(旧正月)です。大晦日から元宵節(旧暦一月十五日)、中国全土が一年で最も盛り上がりを見せる時期となります。春節の法定祝日期間は7日間と定められますが、休み期間は会社次第で延長されることがあります。Seeed FusionPCBは2月11日(木)~2月17日(水)の期間を春節休業期間とさせいただきます。 ※2021年2月18日(木)より通常営業となりますので、何卒宜しくお願い致します。

詳しくへ

ACとDCの違いは何ですか

交流(AC)とは何ですか? AC、または交流は、サイズと方向が時間の経過とともに定期的かつ定期的に変化する電圧または電流スケールを指します。 交流の波形図を下図に示します。 直流(DC)とは何ですか? DCは直流、「定電流」とも呼ばれます。直流の大きさと方向は変わりません。一般的なDC電源には、バッテリー、鉛蓄電池、および乾電池が含まれます。 DC電源の波形を次の図に示します。 電流に関するいくつかの基本的な概念: 例として正弦波交流を取り上げます。 ピーク:Vpkで表される、サイクル内の正弦波交流の最大値。 平均値:正弦波交流の波形は対称であるため、1サイクルの正弦波交流の平均値は0です。このような平均値では、交流の特性を表すことはできません。したがって、交流の絶対平均値を計算することがよくあります。式は次のとおりです。 瞬時値:次のように表すこともできます。 ωは交流の角周波数、ϕは交流の初期位相角です。 有効な値:交流の実効値は通常、電流の熱効果によって定義され、式は次のとおりです。 以下の信号も交流に属し、フーリエ変換によりすべて正弦波に変換できることに注意してください。 直流の大きさや方向は一定であるため、直流のピーク値、瞬時値、実効値、平均値はすべて一定になります。 ACとDCの違いは何ですか? 現在、12VDC電源と12VAC電源を使用して、損失、使用、測定、および安全性からDC電源とAC電源の違いを分析しています。 損失 DC:直流は、長距離および大容量の伝送に適しています。そのため、HVDC送電が話題になっています。 AC:AC回路にはインダクタンスパラメータがあるため、長距離伝送では損失が大きくなります。 利用 直流電圧安定性、大きなノイズがなく、電子製品の使用に適しています。(テレビ、ラジオコンピュータなど) 整流器/スイッチング電源を経由してDC電源に接続するAC電源は、電子製品に使用できます。 12V ACとDCの違いを測定します A)デジタルユニバーサル測定で、それぞれ20VAC電圧と20VDC電圧ファイル測定で、結果は異なります。 B)簡単な測定方法:ワイヤー包皮にスタイラスペン(通常ではないペン)を使用すると、12V ACは表示され、12VDCは表示されません。 安全性 12VDCは12VACより安全です。12V…

詳しくへ

パワーアップ基板実装#4:無料で産業利用向けのRaspberryPi Compute Module 4 キャリアボードはSeeed Fusion 基板実装サービスからもらえる

新しい産業利用向けのRaspberryPi Compute Module 4のリリースを祝い、サポートするために、SeeedはCompute Module4キャリアボードを設計する企業や個人をサポートしています。 Raspberry Pi Compute Moduleとは? すべてのRaspberryPiのモデルチェンジと伴い、Compute Moduleバージョンもいつも一緒にリリースされました。Compute Moduleは小さなコンピュータRAMの形で、本質的には標準のRaspberryPiボード上の露出部分です。 カスタマイズおよび産業用向けのCompute Moduleは柔軟性が高く、デザインナーが自分のカスタムキャリアボードを開発できます。不要な接合部分や機能を排除し、より小さなカスタムフォームファクタボードを可能させ、標準のPiボードよりも多くのピンにアクセスできるようなります。 柔軟なRaspberryPiSoCボードの最新製品であるraspberry pi compute module 4には、Raspberry Pi 4 ModuleBの要素と新しい小さいサイズが組み込まれています。 64ビットクアッドプロセッサ、最大4Kデュアルディスプレイ、新しいサイズの55 x40mm、8GBRAM IOボードと付属品の詳しい情報はこちらへ Raspberry Piの承認された再販業者として、SeeedはRaspberry pi Compute Moduleを利用する開発において、工業デザイナーとメーカーを同様に後援することをつうじ前に進んでいます。現在のところ、次の2つのサービスが提供されています。 Raspberry Pi Compute Module4を使用する製品を開発している企業。…

詳しくへ

基板エッチング技術とエッチング液の分析

基板業界の発展に伴い、さまざまなワイヤの条件がますます増えていくため、ワイヤの幅をより厳密に制御する必要があります。工業生産では、基板の品質は良くなり、信頼性はますます高くなっている一方です。設計プロセスは多様化し、より完璧になっています。基板の処理と実装におけるエッチング技術の使用は広まっていきます。 エッチング技術とは エッチング技術は、半導体プロセスにおけるマスクパターンまたは設計要件に従って、半導体基板の表面または表面被覆フィルムを選択的にエッチングまたはストリッピングするための技術である。 エッチング技術は、ウェットエッチングとドライエッチングに分けられています。化学溶液はウェットエッチングで使用され、化学反応を起こしエッチングの目的を達成します。ドライエッチングは通常プラズマエッチングであり、その効果はプラズマ表面物理学によるインパクトチップかもしれません。ベース原子と表面原子の間のプラズマ活性化化学反応、あるいは2つの複合体だという可能性もあります。 ウェットエッチング 一番見えるエッチング方法として、ウェットエッチングはエッチング材料をエッチング液に浸してエッチングする技術です。エッチング対象物のエッチング速度に影響を与える要因は、エッチング液濃度、エッチング液温度、攪拌の3つです。定性的に言えば、エッチング温度を上げて攪拌を加えると、エッチング速度を効果的に上げることができます。ウェットエッチングの特性は等方性です。 ウェーハエッチング シリコン、二酸化ケイ素、窒化ケイ素、アルミニウムはウェットエッチングの半導体製造プロセスにおけるいくつかの一般的な物質です。単結晶および多結晶シリコンエッチングは、通常、硝酸とフッ化水素酸の混合物です。この応答は、シリコン表面での二酸化ケイ素の硝酸酸化の使用であり、フッ化水素酸を使用すると、シリコン溶媒が除去されます。反応は次のとおり: ウェットのエッチング二酸化ケイ素は通常フッ化水素酸であり、反応は次のとおり: 実用的な用途は、エッチング速度を制御するための緩衝剤として使用される希釈フッ化水素酸または添加フッ化物を使用することです。窒化ケイ素は、エッチングのために180°Cのリン酸溶液(85%)に加熱できます。アルミニウムまたはアルミニウム合金のウェットエッチングは、リン酸、硝酸、酢酸、および水の混合物を使用することであり、80%のリン酸、5%の硝酸、酢酸、および10%の水に典型的です。アルミニウムからアルミニウムへの硝酸酸化により、その後、溶解アルミナリン酸塩除去などにより、回路基板のエッチング効果を実現します。 基板エッチング 現在、溶剤のプリント回路基板のエッチングに使用されているのは、鉄(塩化第二鉄)、塩化第二銅(塩化第二鉄)、アルカリ性アンモニア(アルカリ性アンモニア)、硫酸過酸化水素(硫酸+過酸化水素)エッチング液、過硫酸アンモニウム、硫酸(クロム酸エッチング液)です。エッチング液は主に塩化銅液、塩化第二鉄液、アルカリエッチング、酸/過酸化水素(過酸化水素)エッチングです。塩化物銅(CuCl 2 Castle、2H 2 O)+塩酸塩(HCl)+過酸化水素(H 2 O 2)+水(H 2O)組成; 3つの塩化第二鉄エッチング液は、3つの塩化第二鉄(FeCl 3)+塩酸塩(HCl)+水(H 2 O)の組成によるものです。主成分のアルカリエッチング液は、銅アンモニア錯イオンを持っています。硫酸/過酸化水素(過酸化水素)は、液体を硫酸と過酸化水素(過酸化水素)に主な成分としてエッチングしました。基板エッチングプロセスと塩化銅および塩化第二鉄市場、基板制造商约95%使用氯化铜(CuCl2),IC基板制造商约80%使用氯化铁(FeCl3),20%使用氯化铜(CuCl2)。 ウェットエッチングのメリット 良好な表面均一性。 適応性が高く、ほぼすべての金属、ガラス、プラスチックなどに適しています。 低価格。 優れた選択性により、現在のフィルムは、下にある他の材料のフィルムに損傷を与えることなく、エッチング後に停止します。 ウェットエッチングのデメリット 等方性エッチング; パターンエッチングの忠実度は理想的ではありません。 エッチングされたパターンの最小の線は制御が困難です。 ドライエッチング ドライエッチングは、プラズマを利用して薄膜をエッチングする技術であり、サブミクロンサイズのデバイスをエッチングするための最も重要な方法です。プラズマを使用して表面の膜と反応して揮発性物質を形成するか、膜の表面に直接衝撃を与えます。砲撃される; ドライエッチングの特徴は異方性です。 ドライ物理エッチングの特徴 エッチングメカニズム:物理的イオンスパッタリング; エッチング速度:速い; 線幅制御:制御が簡単。 側壁プロファイル:異方性; ドライケミカルエッチングの特徴 エッチングメカニズム:活性元素の化学反応;…

詳しくへ