Seeed Fusion PCBへようこそ!

創業13年のSeeed Fusion PCBとは、プリント基板のネット通販のパイオニアとして、プリント基板試作、製造、実装、量産までをインターネット上で「ワンストップ・ソリューション」に提供する企業です。 長年、低価格・短納期・高品質の基板製品を提供しております。 大手メーカー様、学校・研究機関様、個人事業主様など、50,000社を越える取引実績があります。 プリント基板の注文方法 お支払いについて 出荷納期について 各伝票について よくある質問 標準規格書について Fusion PCBを選ぶ理由とは ISO取得製造工場による安心の品質管理 FusionPCBのプリント基板製造サービスでは、試作小ロットも「不具合ゼロ」を目指し、最終検査で全数オープンショートテスト(導通検査)を無料実施し、問題のない品質の基板を安価でご提供します。 また、FusionPCBの提携する基板製造工場は、全て「ISO9001」に準拠した生産体制を整え、ROHS証明及びNDA(秘密保持契約)の発行も可能です。届いた不良製品に対して、お客様がご満足いただけるように補償対応します。 1-Click見積だけで、瞬時に納期と費用を明朗回答 メールやり取りを最小限に抑え、 お客様の時間も手間もコストオフ!要件をご入力いただくだけで納期や価格にその場で見積額をご提示致します。明朗迅速回答を今すぐお確かめください。 ※実装製造サービスでは、個別見積もりとさせていただいております。 初心者でも安心の親切対応! プリント基板製造サービスでは、製造前に専門チームによる入念なデータチェックを行い、万一のミスを事前に防ぎます。データチェック項目はパターン、レジスト、シルク、外形線、全体、ドリルデータ・ドリルリスト、ファイルが含まれています。 お客様からお預かりしたデータに不備があった場合には、必ずメールにて連絡を差し上げます。 初心者の方も安心してご利用いただける日本語で親切サポート体制で、お気になるところがあれば、お気軽にご連絡ください。 お得なボリュームディスカウント! DFAサービス–基板組立性審査ー無料! 実装ファイルのデーターチェックを無料で実施し、実装ミスを事前に防ぐ ビジネスユーザー向け、無料で基板実装試作 製品のバッチ生産(100個以上)の準備ができたら、SeeedFusionを使用したプロトタイピングのコストを返金できます。 Raspberry Pi…

詳しくへ

部品実装の注文状態について

Confirmed: ご注文は正常に完了しました。 Pending:ご送信のファイルに問題があります。弊社からのメールをご確認ください。 PCB In Production: プリント基板は製造中です。(2-7 営業日) BOM Processing:部品調達中です。(15-20営業日) PCBA In Production:部品実装中です。(3営業日以内) PCBA Awaiting Packing: ご注文は品質検査と包装中です。 (2営業日) Shipped : ご注文は出荷されます。 (1営業日) Traceable:ご注文は追跡できます。  

詳しくへ

BOM表の注意点

BOM表が適用するフォーマットはCSV,XLS,XLSXです BOM表の内容は下記の四つ列のようになります。(Designator,MPN,Qty,Link) 正しいの作り方は左側になります。右側はNGです( “,“で The designator should be ≤(less than or equal) to the Quantity (QTY). desinatorの数はQuantity(QTY)より少ないまたは等しくなければなりません。 Please use the Manufacturer Part Number as highlighted in red, do NOT use the Digi-key…

詳しくへ

FusionPCB——PCBAに関する質問

  Q.OPLは何ですか?   A.OPLとは、通常「Open Parts Libraries 」と呼ばれていて、弊社が勧める部品が記載されているカタログです。OPL外の部品に比べて、OPLライブラリ部品の調達時間は短いです。部品は全部OPL内の場合、最速7営業日製造完了です。OPL部品の詳しい情報はこちらまでご覧ください。 Q.Seeed OPL とShenzhen OPLの違いは何ですか? A. Seeed OPLのパーツは弊社自用で、多数のSeeed製品に使用されています。在庫が十分に倉庫にあり、調達の必要がありません。Shenzhen OPLのパーツは深セン現地の調達で、seeed oplに比べて、10倍以上の部品在庫あり、調達時間は3-20日です。詳しい紹介はブログまでご覧ください。 Q.非OPL部品は調達できますか? A. もちろんです。非OPLのパーツも調達できます(オーダーをカートに入れてから、部品の事前確認を行います。 Q.部品支給は可能ですか?   A. 可能です。だが、通関資料の準備が必要です。詳しくはお問い合わせまでご連絡ください。   Q.調達できない部品はありますか?   A. 下記の2種類の部品弊社が調達できません。 中国政府が輸入禁止の部品 パーツのMOQ(最低発注量)は必要量より多い…

詳しくへ

お支払いについて

クレジットカード決済 VISA, Masterでのお支払いが可能です。 PayPalでの決済 PayPalでの送金です。PayPal会員としての登録が必須です。お支払い手数料は弊社負担です。PayPalのアカウントをお持ちの方には便利です。 銀行振込での決済(前払い)       下記の銀行口座でご利用ください。 1.Beneficiary’s Bank HSBC Bank(China) Company Limited,Shenzhen Branch 2.Bank’s AddressChina Resources Building,No.5001,ShenNan Road East,LuoHu District,Shenzhen,China 3.SWIFT CODEHSBCCNSHSZN 4.CNAPS CODE501584000000 5.Benficiary’s NameSEEED DEVELOPMENT LIMITED *please ensure when…

詳しくへ

Fusion PCB / PCBA注文のリードタイム・納期はどのくらいですか?

PCB:PCB注文のリードタイムは6~17営業日です。詳細は下記のとおりです。 PCB in production:PCB注文を生産し始めた日です。(生産完了までに3~14営業日が必要です。注1を参照してください)。 PCB Awaiting Packing:PCB注文は品質検査とパッケージを受け始めた日です。(普通は2営業日ぐらいが必要です)。 PCB Shipped:注文の出荷日です。(一般に追跡情報が利用できるまでに1営業日が必要です)。 PCBA:PCB部品によるリードタイムは違います。すべての部品がSEEEDのOPLのものなら、約15営業日です。それ以外のものが25営業日ぐらいです。詳細は下記のとおりです。 PCB in production:PCB注文を生産し始めた日です。(生産完了までに3~14営業日が必要です。注1を参照してください)。 BOM Processing:部品および他の品目を調達し始めた日です(受注から約15〜20営業日です) Assembly:プリント基板は3営業日以内に組み立てられ、出荷されます。 非OPLの場合:PCB生産と部品調達が同時に進みます。PCB生産が完了しても部品はまだ調達されている場合もあります。したがって、非OPL受注のリードタイムは、部品の調達および実装/出荷の時間を含めます。 OPLの場合:すべての部品が在庫ライブラリから供給されているため、部品の調達はありません。したがって、OPL受注のリードタイムはPCB生産時間と実装/出荷時間を含めます。 注意: 1.リードタイムとは注文確認から顧客への出荷までの時間です。 2. PCB製造には、注文/ファイルの問題による遅れを除いて、具体的な注文パラメータに応じて、3〜14営業日が必要だが、一般的な基板は3〜5日以内に完了します。 3.注文/ファイルの問題による遅れがあるかも知れないので、締切日の前により早く注文することを強くお勧めします。   一.生産時間 サービス 生産時間 基板製造 2-7 営業日…

詳しくへ

よくある質問

  サイト利用案内ー初めてのお客様はこちらで Fusion PCB / PCBA注文のリードタイム・納期はどのくらいですか? お支払いについて 基板の不良または不具合品の対応 各種伝票発行について FusionPCB—PCBAに関する質問 実装図の出力方法 ピック&プレースファイルの出力方法 部品実装の注文状態について BOM表の注意点 部品支給する場合 円形や異形状の基板は製造できますか? 円形、六角形や八角形、その他、やや複雑な外形の基板にも対応しております。 普通には追加費用はいただいておりません。 注文する時の外形寸法は、基板の最大値をご入力ください。 注文する前にガーバーデータを確認してもらえますか? 可能でございます。 ガーバーデータを[email protected]までご連絡ください。 FUSION サービスでは二回ガーバーデータのチェックがあります(規格チェック 技術向けのチェック)お問い合わせ先はガーバーデータの規格をチェックいたします。注文してからまた技術向けのチェックが行いますので、その場合によって、追加料金がかかる可能性があります。この点をご注意ください。よろしくお願いします。 注文ページのガーバービューアで基板が正しく表示されない場合、製造できますか? 基板外形やガーバーファイル書き出し時の設定によっては、基板が正しく表示されない事があります。ガーバービューアは簡易的に基板の内容の確認していただくためのものです。ガーバービューアの表示と製造の可否は関係ありませんので、安心してご注文ください。 心配の場合、[email protected]までご連絡ください。 基板に印刷されたFusionの製造番号(シリアル番号)について 追跡と識別のために、基板パネルの空きスペースに、Fusionの製造番号(01895Q-Yxxxxxまたは10220a-Dxxxxxx)を印刷しなければなりません。(番号の高さ:0.75〜1.0mm) GTO/GBO指定する方法 製造番号の配置は規則性がなく、どこに印刷するかを指定できません。弊社のエンジニアは製造番号を離散し、可能であれば基板の縁またはIC部品の足跡に配置します。製造番号(シリアル番号)の配置は邪魔になる場合は、基板の周りに捨て基板(Vカット、ミシン目で割って捨てる部分)を設けてください。弊社のエンジニアは…

詳しくへ