部品実装の仕様

「Seeed Fusion Service」では、PCB(プリント基板)の製造サービス、PCBA(プリント基板への部品実装)サービスに加え、CNC 加工、3Dプリント、プリント基板設計サービスなどの、ワンストップなプロトタイピングサービスを提供しています。   1.技術パラメータ 注文可能枚数 1-1000枚 レイヤ数 1-16 層 部品 Seeed OPL 部品 / 中国に輸入できる部品 半田種類 鉛フリー半田 実装方法 手付け/ フロー/リフロー 基板サイズ 最大サイズ:500*500mm 基板種類 リジッド基板 メタルマスク 注文の合計部品が30個を超えると、メタルマスクを注文しなければなりません。 必要なデータ 製造データ(ガーバーファイル) マウントデータ Seeed OPL SKUまたは MPN(製造部品番号)付きのBOM (部品リスト) 2.設計する時には、以下のことをご注意ください。 1 可能であれば、DIP部品の代わりにSMD部品を使ってください。 2…

詳しくへ

部品実装のテスト方法と詳細

基板評価とは? Previous Next ホームページはこちら PCBA機能テストの例    Seeeduinoテスト計画  1.  製品紹介 Seeeduino V4.2はAtemga328P MCU搭載のArduino互換ボードです。それはブリッジと見なすことができるATMEL 16U2 USB-シリアルドライバチップを備え、コンピュータがボードと通信できるようにします。 それは14桁のピン(6つのPWMピンとUARTポートを含む)と8つのアナログピン、16 MHzのセラミック共振器、USB接続、リセットボタン、ICSPヘッダーとDC電源ジャックを備えています。 それはATmega328の入力電圧変化のためのトグルスイッチを持っています。 Grove用インターフェイスが 2 つ搭載されているので、簡単にGroveシリーズと接続できます。 2.  一般的なテスト手順 1)   フラッシュブートローダでICと半田を検証する  2)  Atmel 16u2のフラッシュファームウェア  3)   テストプログラムをアップロードして、IO、USBインタフェース、5v / 3.3v電圧、LEDを検証する…

詳しくへ

Advanced PCBの仕様

Fusion Advanced PCBサービスは、お客様の特別な要件を満たすことができます。 材質 FR4 TG130/TG150/TG170/TG210 高周波基板 陶製 Rogers4350, Rogers4003, 25FR, 25N PTFE(フッ素樹脂) Rogers, Taconic, Arlon リジットフレキ基板 アルミナセラミックス基板 24-180W/m.k(熱伝導率) 金属基板 0.3-3W/m.k(熱伝導率) レイヤ数 FR4 1-50 リジットフレキ基板 36リジット/10フレキ フレキ基板 1~10 アルミナセラミックス基板 1~2 金属基板 1~12 板厚 リジット基板 0.2mm~8.0mm…

詳しくへ

メタルマスクの仕様

1. SMTメタルマスクの発注手順 ここで製造ファイルをアップロードします(1つのファイル、1つの注文!)。 基板と一緒に発注すると、送料がお得です! ファイルに応じてメタルマスクのパラメータを入力します。 ファイルが製造要件を満たす場合、メタルマスクは24時間以内に製造され、2 – 3営業日で出荷されます(中国祭を除く)。 メタルマスク— 紹介ブロク 2.SMTメタルマスクの仕様 最小発注数 1 材質 ステンレス鋼304 厚さ 0.12mm 0.15mm 認識マーク 認識なし 貫通エッチング ハーフエッチング(非貫通) 表面加工 機械研磨(標準) BGAメッキ 寸法 28.0cm x 38.0cm フレームなし 30.0cm x 40.0cm 37.0cm x 47.0cm 40.0cm x 60.0cm…

詳しくへ

基板製造の仕様

「Seeed Fusion Service」では、PCB(プリント基板)の製造サービス、PCBA(プリント基板への部品実装)サービスに加え、CNC 加工、3Dプリント、プリント基板設計サービスなどの、ワンストップなプロトタイピングサービスを提供しています。 1.プリント基板製造用ガーバーファイル 「ガーバーフォーマット」は、オープンな2Dバイナリベクタイメージのファイルフォーマットです。このフォーマットは、プリント基板業界やソフトウェアで銅箔パターン、ソルダレジスト、シルクといったプリント基板のレイヤを記述するために標準的に使われています。ガーバーファイルは.rar や.zipといった標準的な圧縮フォーマットで、一つのファイルにまとめててください。 #eagleの場合 拡張子            レイヤ pcbname.GTL      銅箔パターン(おもて面) pcbname.GTS      ソルダレジスト(おもて面) pcbname.GTO       シルク印刷(おもて面) pcbname.GBL      銅箔パターン(裏面) pcbname.GBS      ソルダレジスト(裏面) pcbname.GBO      シルク印刷(裏面) pcbname.TXT      ドリル pcbname.GML/GKO   基板外形 pcbname.GL2      内層レイヤ2 (4層以上の場合)…

詳しくへ

基板の層構成情報について

** セクリョンはアップデート中 ** **このFAQの内容は今のところに役に立たないかもしれませんが、 私たちのチームは既に新しいリビジョンの作成に取り組んでいます。使用する際には、何卒ご注意してください。もし何か不明な点がありましたら、気軽に[email protected]までご連絡ください。**  板厚は±10%の公差があります。   四層: 六層: 八層: また、お客様は他のレイヤー(10層、12層など)をカスタマイズすることもできます。 ファイルチェックは注文確認後に行います。    

詳しくへ

認識マークについて:自動実装における基板設計

いつもお世話になっております。 FUSIONPCBのチコウと申します。   いつも弊社ご利用いただき、誠にありがとうございました。 本日は認識マークについて話したいです。   認識マークとは?   英語でfiducialと呼ばて、SMT工程に実装機が基板の位置を把握するように為、基板設計の一つです。正しくマーク点を付けば、製造側の作業量減り・品質向上等の利点が得られます。 製造側に依頼すれば、認識マークを付けてくれることもありますが、念のため、自分が外形データにかけるのはお勧めです。   認識マーク—— 用途 基板設計- 認識マークについて from ssuser97ba8f 用途に分けて、認識マークの使い方は主に三つあります。設計意図により、基板に設ける位置は異なります。 Global fidual は日本語で基準マークと呼ばれて、基板の非対称三つところに認識マークを放置するということです。非対称にすることにより、運ぶ方向は正しいかとうか検出できます。 Panel fiducial ( 面付けマーク)は基準マークと同じ意図で設ける設計です。ただ、基板本体ではなく、主に捨て基板に置きます。 め、QFP、BGAなどの小さな部品を搭載する時、高精度を認めるため、部品自体の対角線上に認識マークをつけます #基板両面とも実装が必要の場合、認識マーク点は両面とも設けてください。ただ、両面の認識マーク位置は一致しないでください。同じの場合は、基板の認識をするためストップせず、間違えて不良品が大量に製造されてしまいます。   認識マーク— FusionPCB…

詳しくへ