部品実装のテスト方法と詳細

 

PCBA機能テストの例 


Seeeduino
テスト計画

 1.  製品紹介

Seeeduino V4.2はAtemga328P MCU搭載のArduino互換ボードです。それはブリッジと見なすことができるATMEL 16U2 USB-シリアルドライバチップを備え、コンピュータがボードと通信できるようにします。 それは14桁のピン(6つのPWMピンとUARTポートを含む)と8つのアナログピン、16 MHzのセラミック共振器、USB接続、リセットボタン、ICSPヘッダーとDC電源ジャックを備えています。 それはATmega328の入力電圧変化のためのトグルスイッチを持っています。 Grove用インターフェイスが

2

つ搭載されているので、簡単にGroveシリーズと接続できます。

2.  一般的なテスト手順

1)   フラッシュブートローダでICと半田を検証する 

2)  Atmel 16u2のフラッシュファームウェア 

3)   テストプログラムをアップロードして、IO、USBインタフェース、5v / 3.3v電圧、LEDを検証する

4)   リセットボタンを押してリセット機能を検証する

 

3.  テスト用のツール

アイテム 装置とツール 数量 コメント
1 コンピューター 1 Windowsシステムの実行
2 ミニUSBケーブル 1
3 テストフィクスチャ 1
4 12V DC電源 1
5 AVRISP MKII 1
アイテム ソフトウェアツール 説明
1 Xloader Arduino HEXファイルをアップロードする
2 zadig 汎用USBドライバを取りつける


4. 
プログラムファイル

1)    Seeeduino_328_bootloader.bat

2)    Seeeduino _16u2_firmware.bat

3)    Seeeduino _4_0_test_code_v1_0.hex

 

5.  手順

5.1.    点滅手順

1)   フラッシュプログラマ(AVRISP MKII)をPCに接続する

2)   zadigを実行して、AVRISP MKIIに接続する

3)   ドライバをlibusb-win32に置き換える

 

4)   Seeeduinoの電源を入れ、6pin ICSPインターフェースを介してAVRISP MKIIに接続すると、2つの緑色LEDが点灯する

4)   Seeeduino_328_bootloader.batを実行して、コンピュータが下図のように表示されると、okです

5)   AVRISP MKIIをAtmel 16U2の横にあるICSPコネクタに接続する

6)   Seeeduino_16u2_firmware.batを実行して、コンピュータが下図のように表示されると、okです

 

5.2.     

1)   スイッチを5Vに切り替え、マイクロUSBケーブルを使ってSeeeduinoをPCに接続する

2)   Xloaderを実行してテストコードをアップロードする

Seeeduino_4_0_test_code_v1_0.hex. アップロード後に下の写真を見えます。RX / TX LEDが以前より速く点滅し、指示ウィンドウに “5890 bytes upload”が表示されていることを確認してください。

3)   フィクスチャの電源インターフェイスに12VのDC電源を接続する

4)   スイッチを3.3Vに切り替えて、Seeeduinoを治具とレンチをテストする場所に置く

5)   RESETボタンを繰り返し押し、赤色のRST LEDが消灯し、再度つけ、毎回点滅する

6)   テストフィクスチャの緑のLEDが点灯すると、テストが合格したことを示す

関連記事

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です