プリント基板の実装品質を左右するメタルマスクについて

2019.8.19追記更新—— PPT画像追加

 

メタルマスクとは

メタルマスク(ステンシル)は、プリント基板製造工程のひとつである表面実装において、プリント基板上にハンダペーストを印刷する際に用いられる治具です。主に厚さ0.2mm以下の非常に薄いステンレス板に微細な切り欠きパターンを作り、ここにハンダペーストを刷り込むことによりプリント基板全体の部品装着部にハンダパターンを形成します。 その製造方法の1つとしてレーザ加工法があります。

これ以外にもエッチング法、アディティブ法(メッキ法)があります。当社のレーザ・ステンシル加工機は、この切り欠きパターンをレーザ切断により形成する専用加工システムです。
レーザ加工法はドライプロセスであるため環境にやさしく、より高速で、高精度のメタルマスクを製造することが可能です。またエッチング法やアディティブ法に比べて環境面に加えコスト面、納期面でのメリットがあります。

メタルマスクの役割

プリント基板には抵抗やコンデンサ、マイコン等の様々な電子部品がハンダ付けによって取り付けられています。しかし一つのプリント基板にはこれらの小型部品が数えきれないほど取り付けられています。しかし何百個もある、それも小型の電子部品のハンダ付けを手作業で行うと、膨大な時間を要してしまいます。また、あらかじめどこに何を取り付けるのかが決まっているため、手作業で行うと、ハンダ付けの失敗や取り付け場所の間違い等の問題が発生してしまいます。そこで登場するのが「メタルマスク」です。

それが何百枚、何千枚と作られている訳ですが、一体どの様にしてハンダ付けは行われているのでしょうか。

まずはメタルマスクとプリント基板を重ねます。クリーム状のハンダを流し込み、スキージと呼ばれるヘラで刷り込みます。そしてメタルマスクを取り除くと、必要な所にだけハンダが印刷されることになります。専用機械(実装機械)によって電子部品をハンダ上に配置し、熱風(リフロー炉)によって、ハンダを溶かしてプリント基板と電子部品をプリント基板の表側で接続します。

このようなプリント実装基板の工法を表面実装と呼び、これにより生産効率や歩留まりが劇的に向上してきているのです。この工法において、メタルマスクはなくてはならない役割を果たしているのです。近年の電化製品の小型化、高性能化は、これら技術をより高度化した数々の工法により成り立っているのです。

格安メタルマスク製造サービス

 

表面実装技術の身につけを容易にし、小ロット生産を支援するために、Seeed Fusionは今月からメタルマスクの値段を下げしました。 精密できれいなエッジを確保するために、Fusionのメタルマスク製造サービスでは、頑丈な304ステンレス鋼を使用し、最新鋭のレーザー加工機による高精度高品質のメタルマスクをご提供しております。 すべてのサイズは、わずか9.90ドルから始まり、最大サイズの場合、元価格の3分の1になります!メタルマスクの仕様と価格はここでご覧ください。

 

  • サイトで自動見積りできる
  • 日本語サポートたっぷり
  • 24時間内製造完了

詳細はこちら:https://www.fusionpcb.jp/stencil.html 

 

 

 

 

関連記事

基板製造:面付けのポイント、間違わないようにしよう!
プリント基板の実装品質を左右するメタルマスクについて
基板製造:面付けのポイント、間違わないようにしよう!
プリント基板の実装品質を左右するメタルマスクについて
Description
「メタルマスクとは」、「メタルマスクの役割」、「格安メタルマスク製造サービス」三つ分けて、プリント基板の実装品質を左右するメタルマスクについて、紹介します。
リンチコウ
Publisher Name
Seeed studio
Publisher Logo
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です