Seeed FusionPCB

FusionPCBとは?

 

FUSIONPCBは海外基板屋であり、非常に格安基板製造・実装サービスを誇り、多く の日本メーカーにPCB製造サービスを提供しています。深センの華強北から部品を調達し、OPLリストには数万点部品が揃えています。更に、2018年12月のトランジスタ技術12月号の「作り放題!1ドル基板電子工作 >DVD」にも弊社の基板製造サービスが紹介されました。 日本メーカーの間で人気が高まると予想されています。

お知らせ

Seeed FusionPCB基板実装―1枚無料機能テスト

基板実装の製造は非常に複雑で、多くのプロセスが含まれています。したがって、機能テストは、組み立てられた基板の性能を保証するための重要な品質管理方法です。Seeed Fusionは、すべての基板実装注文に対して無料の機能テストを正式に開始しました。 なぜテストが重要ですか? 届いた製品は不良であることほどがっかりすることはありません。実装された基板も同じだと思います。不良基板は経済的にも時間的にもコストがかかり、特に必要な再作業装置がなければ、改善するのが難しい場合があります。小ロット製造では、AOIやX線検査(AXI)などのより高価な試験方法を利用できないです。そこで、機能テストが役立ちます。 基板実装機能テストとは何ですか? 生産プロセス全体の最後の品質保証ステップである機能テストでは、実際の動作環境をシミュレートすることにより、基板が想定どおりに動作することを確認します。機能テストは、簡単なオン/オフ電源テスト、LEDテスト、または包括的なソフトウェアプログラムの実行ことです。 Seeedは、基板実装製品の品質を保証し、コストのかかる遅延を避けるために、基板実装の注文ごとに一枚に対して無料の機能テストを提供するようになりました。 製造業では、初期の問題が発見されるほど、より安価で簡単に解決できます。エンジニアが基板を出荷する前にテストを処理できるようにすることで、欠陥のあるボードを現場で再加工し、生産現場を離れるすべてのボードが意図したとおりに機能するようにします。 当社の技術者は、ポイントツーポイントの電圧テストを実行し、カスタムテストジグを作成し、社内でファームウェアの書き込みを処理することもできます。 1枚の無料PCBA機能テストを取得するにはどうすればよいですか? まず、いつものように、ガーバーファイルとBOMファイルをアップロードし、基板のパラメータとその他の機能をお選びください。システムは通常どおり基板実装の見積もりを生成します。 上記を完了した後、機能テストのセクションと下に移動し、[1枚無料機能テスト]をお選びください。次に、基板の機能を期待どおりにテストする方法を説明するテストファイルをアップロードします。実装が完成する前であればいつでも、テストファイルをアップロードすることができます。 注:1枚基板の機能テストでは、通常、リードタイムが約2営業日長くなります。高精度試験および高電圧試験、または技術者に健康上のリスクをもたらす試験は受け入れられません。お客様は、テストに必要な専門のツールまたは材料に対して料金を支払う必要があります。 テスト手順と機能の詳細については、基板実装機能テストFAQごを参照。 Seeed…

詳しくへ
最近の投稿

初心者向け-基板でよく使用される12個の電子部品

電子ガジェットでいっぱいの世界に住んでいるにもかかわらず、電子はまだ謎のベールをかぶっています。ガジェットを機能させる動作するものは何も見られないですので、電子プロジェクトの動作メカニズムは非常に抽象的なものに見えます。ギアやシャフトなどを動かさないと、プリント回路基板上で視覚的に何も起こりません。流れる電流を見ることができず、それからの結果だけが見られます。この原因で、趣味として電子機器製造を取り上げることは、多くの電子機器プロジェクト製作者にとって気の遠くなる偉業のように思えます。その背後にある理論を完全に理解せずに何かを構築することは考えられないでしょう。 しかし実際には、その背後にある理論を完全に理解しなくてもプロジェクトを構築することは可能です。電子理論の知識は重要なものですが、簡単で価値あるプロジェクトを構築する上で不可欠な部分ではありません。始めるに良い方法は、まずは回路基板で使用される部品とその機能を理解することです。 プリント回路基板–眠らない街 このニューヨークの空中写真は、プリント回路基板を思い出させませんか? 都市の仕組みと同様に、基板上の部品が連携して、デバイスに電力を供給する完全なシステムを形成します。これらの線に沿って考えると、基板上に非常に多くの異なる部品があるという概念はもはや異質な考えではないでしょう。まずはプリント基板に搭載され一般的に使用されている12個の電子部品をご紹介します! 1.抵抗器 軸方向抵抗器とそのカラフルな抵抗器のカラーコード 抵抗器は基板で最も一般的に使用される部品の1つであり、最も理解しやすいものだと思います。機能としては、電力を熱として放散することによって電流の流れに抵抗することです。抵抗器はさまざまな材料で作られ、異なるタイプもありますが、マニアに最もよく知られているクラシックな抵抗器は、両端にリード線があり、本体に色付きのリングが刻まれている「軸」スタイルの抵抗器です。これらのリングは、抵抗値を示すコードです。操作がわからない場合は、抵抗のカラーコードの解読に関する記事をご覧ください。 抵抗器のご案内 2.コンデンサ 基板に取り付けられたラジアル電解コンデンサ コンデンサは、基板で次の見られる最も一般的な部品です。コンデンサの機能は、一時的に電荷を保持し、回路の他の場所でより多くの電力が必要になるたびに電荷を解放することです。通常、絶縁または誘電体で分離された2つの導電層に反対の電荷を集めることによって行われます。コンデンサは、導体または誘電体材料によって分類されることが多く、高静電容量の電解コンデンサ、多様なポリマーコンデンサ、より安定したセラミックディスクコンデンサなど、さまざまな特性を持つ多くのタイプが発生します。外観がアキシャル抵抗に似ているものもありますが、従来のコンデンサは、2本のリード線が同じ端から突き出ている放射状スタイルです。 3.インダクタ さまざまな種類のインダクタ (source:…

詳しくへ
技術サポート

Sorry. No data so far.

標準規格書

Sorry. No data so far.

よくある質問

Sorry. No data so far.

  •  
  •  
  •  
  •  
  •