PCBEからガーバーファイルを出力する方法

2020月7月30日更新 – 庄司さんからの意見、新たな出力方法があったそうで、修正してみました

Step 1
 
 
 PCBEの編集中の画面で 

【ファイル(F)】をクリック ➡【基板製作見積り】をクリック

 

Step2

下から2番目の「基板製作見積り」をクリックし
画面が出たら,上にある「基板メーカー」で「データ作成(ドリル=NC」を選択してください。

#デフォルトは「ユニクラフト」になっていますが,必ず「データ作成(ドリル=NC」にしてください.

Step 3

左下の「データ作成」をクリックすると,PCBEのフォルダにZIPファイルができます.

ZIPファイルを、そのまま送ればOKです。

 

プリント基板を設計するとき、PCBE と言うフリーソフトを使う日本の方はたくさんいらっしゃるそうです。
しかし、弊社のファイル規範に合っていないことよくありますので、ここでは、PCBEからガーバーファイルを出力する時、注意すべきのことを簡単に説明いたします。(一部分はお客様の関口さんのブログ記事を参考して、編集したものです。元記事


1.まず「ガーバー出力」をクリックして、デフォルトの設定で「出力」をクリックしてください。レイヤー1~8を選択 して ガーバー出力します。

ご注意:各レイヤのファイル名は英語でなければなりません。日本語の場合、文字化けになるかもしれません。

ご注意:少数部3桁で出力してください。
ご注意:拡張出力のチェックを確認して下さい。
ご注意:PCBEのドリル形式出力は使いません。全てガーバー形式で出力します。


2.Gerbvを起動して、ガーバー→エクセロン(Excellon)変換をします。
Gerbv:ここからダウンロードできます。
gerbv — a Gerber (RS-274X) viewer

「File 」→「 Open Layer(s)」を順番にクリックして、 「hole.grb」 を1つだけ選択して、 右下の 「Open」をクリックします。
  
  

「File」 → 「Export」 → 「Excellon drill」 を順番に選択します。

FusionPCB指定のドリルファイル拡張子 pcbname.TXT で保存します。

PCBE標準ファイル名をFusionPCB指定ファイル名に変換します。hole.grbは、ご用済みなので削除して下さい。

3.すべての出力したファイルを一式Fusion PCBのウェブサイトで送信してください。そうすると順調に生産できます!

以上、ご参考まで。

関連記事

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

One comment

  1. PCBEからfusion用のデータは次のようにして作るとすごく簡単です.
    PCBEで ファイル(f)/基板製作見積り
    画面が出たら,上にある「基板メーカー」で「データ作成(ドリル=NC」を選択し,
    「データ作成」をクリックすると,PCBEのフォルダにZIPファイルができます.
    これはそのままfusionに送ることが可能です.
    便利ですよ!

    FAQに入れてほしいです
    私も気が付くまで,結構面倒なことをしていましたので…
    よろしくお願いいたします.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です