Hackster.ioにもっとも投票されたプロジェクトは今、オープンソースの子猫ロボットであるPetoi Nybbleの形で公開されました。

もちろん、ボストン・ダイナミクスの研究所の巨大な馬や犬の怪物(犬だと自称しているけど、笑笑)が一般的に知られているものなのですが、その怪物が怖いなぁと思っている人も少なくなくいるでしょう。その人たちにコスパよく家庭的なロボット「Nybble」がお勧めです。

チャーミングな笑顔 (ほら、絶対笑っている)

「Nybble」のプロフィール

生まれた五週目の本物の子猫と同じサイズと重さをしているこの小さな生き物「Nybble」は、うろついたり、遊んだりすることもできます。なぜかといいますと、コントローラ(NyBoard)には、「Arduino Uno」同等品の「ATmega328P」、プログラム保存用のROMなどが実装されています。それに加えて、16台のサーボ接続とセンサーも実装されていると言われています。また、Raspberry Piを拡張することにより、「Nybble」に何かのキャラクターや個性などをつけたりすることも可能になっています。

しかし、「Nybble」は本物のネコと違って、オープンソースであるため、「飼い主」のすべての命令に服従し、「飼い主」の好きな(プログラミング)言語で話すことができます。つまり、言いなりということであります。ちなみに、ネコトイレが全然要りませんよ!

アメリカの物理学博士であるRongzhong Liは「Nybble」「OpenCat」のクリエイターではありながら、父でもあります。二年半もかかって、「Nybble」と「OpenCat」をゼロから3Dプリントの宝庫のようなものまで育ててきたRongzhong Liはまた「Nybble」を自然の形――ねじなしで簡単に組み立てられるレーザーカットの木製のパズルピースの形に戻しました。

猫ファンたちがずいぶん期待していたのでしょう。「open cat」はネコの形にしているとはいえ、必ずしも中身もネコでなければならないとは限りません。「open cat」がオープンソースであるため、作りたいものを作ることになっています。馬が欲しいなら、「Open cat」の中身を馬に設定してもいいし、彼女が欲しいなら、彼女キャラに設定してもいいわけです。基本的なプログラミング構造で、NyBoardコントローラと十六台のサーボを利用してarachnobotを作りましょう。

IOTには無限の可能性が広がっています。「Nybble」はハイトルクサーボ一台で、テールのバランスを巧みにとることができます。

「OpenCat」と違って、「Nybble」のテールのコントロールは本体から離れている

「押すな!」

今までの「Nybble」

「Nybble」の情報が世に出されてからわずか十二時間、集めてくる資金が「Indiegogo」の予想されてたゴールの五分の一に至ることが「Nybble」が世間に愛されている証でしょう。

開発の最終段階にRongzhong.LiはSeeedのFusion PCBAサービスを利用し,最新のプロトタイプを作り、Seeedとの協力関係をより深く推し進めようとしています。私たちは、Rongzhong.Liがここまで応援してくださることに心より感謝しています。ロボット狂人であれ、プログラミング初心者であれ、誰でも自分の気になる「Nybble」との交流ができることを期待しています。

キャンペーンが終わるまでまだ一ヶ月。その一ヶ月で「Nybble」が発展方向を決めてくれたRongzhon.Liは、最初に趣味でOpenCat開発を目的にプログラミングの勉強を始めったのですが、今、誰でも「OpenCat」を楽しむようにしていきたいと考えているそうです。

そして、その初心の辿り着いたところは今の「Nybble」です。


Nybbleへのサポート!お願い致します!

“キットのビットを一つずつに漏れなく勉強することを通し、「OpenCat」プロジェクトを起こすことができました。今まで頑張ってきた苦労に報いられたご褒美はこの「Nybble」になっています。もちろん、この「Nybble」があなたの友達にもなれます。さぁ、Indiegogoに来て、皆と一緒に「Nybble」の友達になりませんか!”

– Rongzhong Li, OpenCat and Nybble inventor


もう待てない?じゃ一緒にoriginal OpenCat project をチェックしましょう。

OpenCatとNybbleのソースコードはすべてGitHubで入手できます。

Nybbleはわずか1週間で目標の100%に達しました!が、もしあんたがもう一台の 「Nybble」や「Byte」が欲しいなら、いつでもホームページまでいらっしゃってください。

発展方向もここで発表する! Nybbleの所有者と一緒に探索し、成長することができるような豊富なコンテンツの持っているプラットフォームを作ることに力を入れて行きます!

 

既に投票切れになりましたなので、お知らせまで ———— 皆さんは興味をお持ちでしたら、「INDIEGOGO」まで詳細をご覧下さい

×

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です