WioRP2040スポンサーシップ-Seeed FusionPCBAサービスで

Seeedは、RaspberryPiのRP2040チップをベースにしたWioRP2040モジュールを発売した。 新しいリリースに関連して、Seeed FusionPCBで作成されたWioRP2040デザインを製造する場合、Seeedは5枚のWioRP2040モジュールを無料で提供する。 Wio RP2040とは何ですか? Seeedstudio Wio RP2040モジュールは、802.11 b / g / n標準をサポートするRP2040SoCベースの小型2.4GHzWi-Fiモジュールだ。RaspberryPiマイクロコントローラーを使用すると、Micropythonで強力なWiFi接続デバイスを簡単に作成できる。 30 GPIO、I2C、SPI、UARTを含むRP2040チップのすべての最高のピンを分解した。さらに、このモジュールにはオンボードPCBアンテナがあるため、独自に設計しなくても、モジュールを独自のボードにすばやく展開できる。 Seeedstudio WioRP2040モジュールの機能 Raspberry Pi RP204032ビットCortexM0 +デュアルコア、最大133Mhzで動作する柔軟なクロック 264KBのSRAM、および2MBのオンボードフラッシュメモリ 2.4GHzワイヤレス接続(IEEE802.11 b / g / nをサポート、2.4〜2.4835 GHzをサポート、ApおよびStationモードをサポート) ユーザーがプログラム可能なGPIO制御のサポート…

詳しくへ

5枚無料のRaspberryPi Pico-Seeed FusionPCB 実装サービス

ビッグニュース! Raspberry Piは新製品-Picoをリリースしました。Picoは複雑性が高く高性能な電子製品のカスタマイズに適しています。お客様がこの優れたマイコンを利用し、アイデアをより速く製品にすることを支援するために、Seeedはスポンサー付きのイベントが開催しました!SeeedFusion PCBはPicoを実装する注文に5枚のPicoを無料で提供しています。  Raspberry Pi Picoとは何ですか? Raspberry Pi Picoは、RaspberryPi独自のMCUであるRP2040を使用した最初の製品です。このチップは133MHz、2つのARM Cortex-M0 +コア;256KBのRAMとSPIフラッシュ用の6つの専用IOを備えています。柔軟性がありながら費用効果が高いように設計されたRaspberryPi Picoは、2MBのQSPIフラッシュメモリを備えており、30個のGPIOピンと幅広い接続オプションにアクセスできます。 現在、Raspberry PiPicoはRaspberry Pi製品および周辺機器の承認された再販業者であるSeeedBazaarで購入可能です。 Picoは、多機能の穴埋め/パッド設計を特徴としており、開発ボードで一般的に見られるようにはんだ付けできます。ボード全体を表面実装可能なモジュールとして扱うことができます。SMT実装をさらにサポートするために、テープとリールの形式で提供されます。 MicroPythonポート備えたPicoは初心者に最適です。詳細なドキュメントや簡単なインストールも利用できます。Picoには、機械学習、スマートホーム、ウェアラブルからロボットまで、あらゆる応用に対応するためのパワーと柔軟性もあります。  Raspberry Pi Picoの基板実装のスポンサーシップ 新しいボードのリリースを祝い、新しいMCUでの開発を促進するために、SeeedはFusionPCB実装サービスでRaspberryPiPicoデザインをサポートしています。Picoを実装するデザインが当社によって作成された場合、5枚の無料のPicoを入手できます。  申し込み方法: 下記のリンクで調査アンケートに記入してください。 https://forms.gle/fPae22KPiMAA9XG29 アンケートを記入した後、Picoの設計に基づいて基板実装を注文する準備ができたら、弊社からクーポンをお送りします。費用効果が高く強力なマイコンピュータをお探すなら、この機会をお見逃しないでくだいさい。 Seeed Fusionは、10年以上にわたってワンストップの電子ハードウェアサービスを提供いてきており、実装基板を低コストで提供する専門知識とエンジニアリングの知識を持ち、幅広い付加価値サービスと機能も備えています。特に当社のDFAサービスは、コストのかかる設計エラーを避け、スムーズな生産実行を保証することができます。 Raspberry Piと緊密に連携し、独自のRaspberry Piデザインを開発および製造しているSeeedは、ボードに組み込まれる部品に精通しており、この専門知識を製品製造に応用することができます。…

詳しくへ

パワーアップPCBA#3:ビジネスユーザー向け、無料で基板実装試作

基板実装の試作の現状 基板実装の試作は簡単でも安いでもありません。特に少量のバッチ生産や早期のスタートアップでは、最終的なバッチ生産ができるためのショートカットを取りたくなることがあります。どんなに小額でも大切です。 限られたリソースでは、物事を自分の手に取り、購入、組み立て、テストに取り組むことが重要だと考えられます。しかし、必要な生産の専門知識や標準化された実践がなければ、予期しない問題や遅延が起こられ、最も重要な締め切が遅れてしまう可能性があると同時に、予定外の費用が追加されるかもしれません。 世界ですべてのプリント基板実装の試作の経験を持っているとしても、大量生産の準備は非常に困難な作業だといえます。 FusionPCBで、無料で基板実装を試作 12年間、この問題を改善することを目指し、Seeedは紙から製品への専門知識を身につけ、バッチ生産および積んできた経験を大量生産に応用できるようになりました。Seeedは多くのKickstarterプロジェクトが最小限の手間と最大限の安心感を持たさて達成目標を達成するのに役立っています。 特にこのような困難な時期に、新興企業や中小企業の負担をさらに軽減するために、SeeedFusionは現在ビジネスユーザーにサポートしています。 Seeed Fusionをご利用場合、製品がバッチ生産の数量は100個以上になる場合、試作費用を返金します。そして、1つの試作サイクルだけでなく、必要な数だけバッチ注文料金の最大6%の返金がいただけます。 たとえば、製品はSeeed Fusionで3回の試作サイクルを経て合計$ 1200(USD)になりまり、製品は大量生産の準備ができています。 この場合、1000個を2万ドルで注文すると、1200ドルの試作料金が返金されます。 条件: プロジェクトの試作の注文数に制限はありません。試作の注文は、注文ごとに10個以下のPCBAで構成されます。 バッチ注文とは数量は100個以上に達するPCBAのことです。 返金される金額は、バッチ生産総額の6%を超えてはなりません。 注文総額には、テスト、迅速な料金、その他の付加価値サービスが含まれます。 利用方法: [email protected]を通じビジネスユーザーとして申し込み、会社、プロジェクト、生産計画のご紹介をお願いします。 バッチ注文が確認されると、注文アカウントに返金します。 ご不明な点がございましたら、[email protected] までお気軽にお問い合わせください。  

詳しくへ