LoRa-E5プロジェクトを無料で製造できる!Seeed Fusion PCB 実装サービスで

LoRa-E5が発売されて以来、多くの IoT コミュニティに人気を博しました。IoT コミュニティと LoRaプロジェクトを更にサーポートするため、Seeedは現在、もう一つのスポンサーシップイベントを開催します。Seeed Fusion PCBでLoRa-E5プロジェクトを製造するお客様は250ドルのクーポンが獲得できます! LoRa-E5とは   LoRa-E5は世界初の STシステム級のMCUを内装するLoRaモジュールで、コンパクトなサイズと簡単な実装および調整方法のため、新しいIoT コミュニティの最も有力な候補となります。なお、LoRa技術の機能を強化することによって、LoRaWANセンサーノードとその他のワイヤレス通信アプリケーション、特に長距離と超低電力アプリケーションに適しています。 将来、スマートシティ、産業用製品、スマートホーム製品、健康管理などの知能的かつ効率的なネットワークを提供する上で重要な役割を果たすことが期待できます。 LoRa-E5について詳しく知りたい方はこちらのリンクをご参照ください。 LoRa-E5プロジェクトスポンサーシップ 現在、Seeed Fusion PCBの実装サービスでLoRa-E5プロジェクトを製造するだけで250ドルのクーポンがもらえます。スポンサーシップ活動に参加したい方は下記のアンケートでご記入ください。 https://forms.gle/EcNzuEeu46iR5eHDA 活動の申し込みに成功した方は、デザインが完成してからこちら([email protected])へお知らせください。後ほど、アカウントに250ドルのクーポンをお送りします。 LoRa-E5 プロジェクトの量産割引 Seeedは今まで、設計者がより便利で、低コスト、高品質かつ高利益でIoT設計を実現できるプラットフォームを提供することに取り組んでいます。現在、SeeedのLoRa-E5の在庫が十分あるため、LoRa-E5 プロジェクトの量産に適合しています。そして、LoRa-E5 プロジェクトの量産の注文には、Seeedから特別なサポートと割引がえられます。 LoRa-E5 プロジェクト量産の方は最高6%の試作製造の返金がもらえます。それから、SeeedのMarketplace プラットフォームでの製品販売、および Seeedの ブログ、フェイスブック(フォロ者数44.3K )、ツイッター(フォロ者数44.3K…

詳しくへ

5枚無料のRaspberryPi Pico-Seeed FusionPCB 実装サービス

ビッグニュース! Raspberry Piは新製品-Picoをリリースしました。Picoは複雑性が高く高性能な電子製品のカスタマイズに適しています。お客様がこの優れたマイコンを利用し、アイデアをより速く製品にすることを支援するために、Seeedはスポンサー付きのイベントが開催しました!SeeedFusion PCBはPicoを実装する注文に5枚のPicoを無料で提供しています。  Raspberry Pi Picoとは何ですか? Raspberry Pi Picoは、RaspberryPi独自のMCUであるRP2040を使用した最初の製品です。このチップは133MHz、2つのARM Cortex-M0 +コア;256KBのRAMとSPIフラッシュ用の6つの専用IOを備えています。柔軟性がありながら費用効果が高いように設計されたRaspberryPi Picoは、2MBのQSPIフラッシュメモリを備えており、30個のGPIOピンと幅広い接続オプションにアクセスできます。 現在、Raspberry PiPicoはRaspberry Pi製品および周辺機器の承認された再販業者であるSeeedBazaarで購入可能です。 Picoは、多機能の穴埋め/パッド設計を特徴としており、開発ボードで一般的に見られるようにはんだ付けできます。ボード全体を表面実装可能なモジュールとして扱うことができます。SMT実装をさらにサポートするために、テープとリールの形式で提供されます。 MicroPythonポート備えたPicoは初心者に最適です。詳細なドキュメントや簡単なインストールも利用できます。Picoには、機械学習、スマートホーム、ウェアラブルからロボットまで、あらゆる応用に対応するためのパワーと柔軟性もあります。  Raspberry Pi Picoの基板実装のスポンサーシップ 新しいボードのリリースを祝い、新しいMCUでの開発を促進するために、SeeedはFusionPCB実装サービスでRaspberryPiPicoデザインをサポートしています。Picoを実装するデザインが当社によって作成された場合、5枚の無料のPicoを入手できます。  申し込み方法: 下記のリンクで調査アンケートに記入してください。 https://forms.gle/fPae22KPiMAA9XG29 アンケートを記入した後、Picoの設計に基づいて基板実装を注文する準備ができたら、弊社からクーポンをお送りします。費用効果が高く強力なマイコンピュータをお探すなら、この機会をお見逃しないでくだいさい。 Seeed Fusionは、10年以上にわたってワンストップの電子ハードウェアサービスを提供いてきており、実装基板を低コストで提供する専門知識とエンジニアリングの知識を持ち、幅広い付加価値サービスと機能も備えています。特に当社のDFAサービスは、コストのかかる設計エラーを避け、スムーズな生産実行を保証することができます。 Raspberry Piと緊密に連携し、独自のRaspberry Piデザインを開発および製造しているSeeedは、ボードに組み込まれる部品に精通しており、この専門知識を製品製造に応用することができます。…

詳しくへ

製造向けの基板設計の注意点

基板設計は、公園散歩のような簡単なことではなく、精度と時間が必要ですが、設計の段階で間違えたら大きな損になるかもしれません。ということで、そのリスクを避けるために、基板を製造に送る前に設計段階で実行すべき重要なチェックポイントを57項まとめました。 それでは一緒に見ていきましょう。 #ガーバーデータデザインルール 一般設計チェック:   1. コンポーネントが正しい位置にあることを確認します。 2. 可能であれば、すべてのデバイスパッケージが検証済みのコンポーネントライブラリと一致していること、およびパッケージライブラリが最新であることを確認します。 3. 全てのコンポーネントのリードと接点がパッドに取り付けできることことを確認します。 4. 比較的に重い部品が基板の反りに影響を与える可能性があるかどうかを判断します。 PCBの反りや変形を最小限に抑えるために、比較的に重い部品はPCBの支点または側面の近くに取り付けましょう。 5. 部品と金属コーティングが接触しないようにしてください。この問題を回避できない場合は、製造元にお問い合わせください。 6. 基板を流動ハンダ付けする場合は、できる限り流動ハンダ付けするに最も適する部品パッケージを選択してください。 7. 長い部品を溶接する場合は、できるだけその部品を平にしてください。そして横置きには十分なスペースをあけることを心がけてください。   レジスト検査:   8. 製造元の意見に従って、BGAなどの特別な電子部品を載せているパッドがソルダーマスク層に正しく開口されていることを確認します。 9. ビアプラグインが、特にBGAコンポーネントが必要かどうかを判断します。 10. 9のビアが適切にオープンされることを確認します。 11. 基準マークが露出した銅または露出した線に接触していないことを確認します。 12.  IC、水晶発振器、および放熱用またはグランドシールド用の露出パッドがある他のデバイスがレジストの開口部とパッドに正確に取り付けできるかどうかを確認します。ハンダ付けされた部品は、ハンダブリッジを防ぐために適切なレジストのダム幅を持つべきです。   間隔と隙間:   13. メッキされた部品と放熱システムを備えた部品の下には、ショートになる可能性のある配線やビアがあってはいけません。 14. ネジやワッシャの近くに配線やビアがあってはいけません。 15. メッキされていないスルーホールの場合は、ホールの内側と周囲の銅との間に0.5 mm(20mils)以上の隙間を空けてください。 16. 配線と基板のアウトラインの間の距離は少なくとも3 mmを空けてください。…

詳しくへ

基板試作9.9セール:なぜそんなに安いのか

  2018年に我々はいろいろなキャンペーンセールを開催しました。7.9ドル基板セール、3月セール、Seeed10周年記念キャンペーンセール…一つも一つも我々が今まで努力してきた証とさらに先へ進むという強い決意と熱い意気込みの込めた結晶です。その内に、皆様から好評を最も頂いた7.9ドル基板セールが唯一なものとして続けられてきました。(送料込みの二層プリント基板5枚セット)ですから、数多くの日本メーカーのために、これを伝統として続けだらどうだろうという考えが頭に浮かびました。とはいえ、新しい年を迎えるに、このまま”旧い”ものを続いてはやはりいけないでしょう。 (7.9基板セール) ということで、2019年に新しいキャンペーンセール、「9.9ドル基板セール」を開始することを決定しました。(多分細心な方がこの間に気づいたと思いますが) (基板試作9.9セール) 9.9ドル基板セールは5枚の100*100mm以内の二層プリント基板の製造料とOCS配送料が含まれているセールセットです。平均納期は3日間の製造時間と5日間の輸送時間を含み、8営業日ぐらいになります。セットの基板が希望ではない場合は「製造/実装サービス」ページまでご注文くださいますようお願い致します。   どうしてOCSを使ってもFusionの商品が低価のままなのかというと、皆様からの大事で貴重なご意見を参考にしたからです。昨年、FusionもOCS配送できたらなぁという声がよくありました。それを実現ために、一刻も早くOCSさんと話し合い、業務提携を始めました。それで、配送コストを大幅に減少することが可能になり、今の「9.9ドル基板セール」に辿り着きました。我々もOCSさんもこのキャンペーンがお客様の何らかの役に立つだろうと大いに期待を抱いていますが、ユーザー体験や一定量のオーダー数などが予想と違っていましたら、中止を検討に入れることがある可能性もあります。かと言って、これが「9.9ドル基板セール」を長く続けられるチャンスなのではないかと私はそう考えていました。 Fusionは量産製造はもちろん、小ロットの自作用基板が希望のお客様にも安い価格で高品質なサービスを提供することを目指して努力してきました。これからもこの勢いで努力していきたいと思います。幾久しく、ご愛顧のほどよろしくお願いします。ご意見、ご要望がございましたら、[email protected] までお寄せください。 「基板試作9.9セール」注文へ

詳しくへ

力になってくれ!——もっと良いFusionPCBサービスへ

皆様のおかげで、Seeed FusionPCBはもう一度無事に新しい一年を迎えることができました。今までつらいことがいっぱいありますが、それに耐えて、歩んできた道を振り返すと、ずっとそばに付き添ってくれている皆様の姿を目に入った。これからもっと頑張らないとという気持ちがパッと胸の奥から湧いてきました。今のSeeed FusionPCBは皆さまあってのものと言っても言い過ぎではないでしょう。なぜかと言いますと、皆さまの貴重なご意見がSeeed FusionPCBの発展に大きな役割を果たしているからです。 Seeed FusionPCBはずっと皆様のご意見を大事にしています。過去一年、Seeed FusionPCBを心地よく使っていただけるようになれたらという気持ちで、皆様から頂いたご意見やコメントにより、いろいろな不足していたところを改善を行いました。 前によく「注文から出荷まで時間かかるな」という声が出て、それを解決するために入庫検査用の機械を取り入れて発送効率をアップすることにしました。 (発送効率をアップ) Seeed FusionPCBトップサービスにできるように、OPLの在庫数を万以上にアップしました。 (OPL在庫数を拡張) OCSで配送することを希望する方がいて、そのような方の要望を応えるために、我々はすぐOCSと連絡して、配送業者に入れました。 (OCSの配送) もちろん、我々の今までの努力はそのくらいのものではありません。Seeed FusionPCBはもっと遠くなところを狙っています。しかし、ただ一人の力ではどうにもなりません。ですから、皆様が必要です。もしご使用の際にSeeed FusionPCBについて何かご質問やご意見がありましたら、ぜひぜひ、下のコメント欄までご記入くださいますようお願い申し上げます。ご協力ありがとうございます。 (注:皆様の貴重なご意見を二日以内に返事いたします。その上に、もっともコメントされたそして参考になれそうなコメントを皆様にみられるように表示いたします。)  

詳しくへ