先月、 Seeed Fusion PCBA serviceに使用される深センオープンパーツライブラリ( Shenzhen Open Parts Library、略称:OPL)がリリースされました。OPLの拡張により、より多くなパーツを、より高品質なサービスをもたらされてくるでしょう。とはいえ、先代のOPLと比べると、最新バージョンのOPLは足りないところもあります。あれはいったい何なんでしょう、今日は一緒に見てみましょう。

皆様へのお願い

今のOPLには一万を超える在庫があり、今後も更に拡張することを予定していますので、様々な設計ソフトウェアで作られたコンポーネントのフットプリントとシンボルを作成する上に品質を保証することは現実的には実現しかねます。ということで、我々はあなたの力が必要です。Seeed OPL EagleKiCadのライブラリから始めてフットプリントを作って何百万のユーザーととGitHubリポジトリでシェアしましょう。我々のエンジニアチームがGitHubリポジトリを管理し、皆様のアップロードされたフットプリントを一つずつチェックします。

使い捨てで作り上げるには時間がかなりかかるフットプリントドローイングはプリント基板設計者のツールボックスにとって、非常に大事なものですが、我々の人力と資源が限られてますのでなかなか完成できませんでした。しかし、OPLでシェアされたフットプリントドローイングが重ねて行くと、それを基礎としたOPLが本当の意味で拡張されます。そうすると、我々はフットプリントに引っ張られずにOPLのパーツの拡張に専念することができ、お客様にもOPLを楽しんで使用していただけることになれるでしょう。

「もしフットプリントエラーにあったらどうします?」問題は全然ありません!完全に回避することは不可能です。でももしOPLで使用されたフットプリントがお客様の作ったプリント基板とミスマッチでしたら、無料で正しいプリント基板を製造します。

OPLのメリット

大規模な拡大を可能にした当社のパートナー会社HuaQiangは世界中の何百万ものユーザーに電子部品を供給し、DigiKeyやMouserなどの国際的なサプライヤと直接連携しています。当社のリソースを統合することで、標準化されたデータシートと画像を含む非常に多数の高品質の部品をワンストップで便利に提供することができました。

深圳OPLの導入は、Seeed Fusion PCB 実装サービスの進化における画期的な出来事です。これにより、世界中のますます多くのデザイナーがシリコンバレーのハードウェアのリソースからメリットをもらい、より速い配送で、より安い値段でPCBAを手に入れることを期待しています。 PCBA OPLのコンポーネントを使用することで、製造時間を20営業日からわずか7日に短縮できます。もちろん、これらの部品も輸入代替品よりも安価であることが保証できます。ここですべての詳細をチェックしてください。

 

私たちはここに到達するために一生懸命努力してきましたが、これは誰にとってもオープンソースハードウェアをアクセスしやすくするための一歩に過ぎません。 2019年にはさらに多くの計画が立てられますので、どうぞよろしくお願いします。

 

OPLとは?

Seeed Fusion OPLの Eagleライブラリをダウンロード

Seeed Fusion OPLのKiCadライブラリをダウンロード

×

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です