部品の真偽を判断する方法

今では、電子市場に貿易業者および代理店は様々あります。 誰もがその部品がオリジナルで本物であると主張しています。 実際に、サプライヤーの中には、短期的な利益を上げるために、偽物を販売することがあります。 では、どのように偽物、中古品、海賊品を判断するのでしょうか?

1. 正規の代理店を探す
代理店によって、部品の品質と価格はさまざまです。企業の公式ウェブサイトを通じて代理店が承認されているかどうかを確認できます。正規の代理店を通じて部品を購入する必要があります。
通常、 適格の代理店は元のメーカーから調達した部品が本物であることを保証します。 Seeedの部品はすべて直接DigikeyとMouserのような公式チャンネルから購入されます。

2. 代理店の評判を調べる
一般的に、評判の良い代理店が自社製品の品質を保証しています。評判と信頼性を確立するには長い時間がかかります。ブランドの影響力を維持し、偽物を使用しません。 Seeedはすべての商品を口コミで販売しています。

3. 入荷プロセスを検査する
最も重要なステップは、入荷のプロセスを厳密に検査することです。 Seeedは各バッチの部品に検査を行い、実装用の部品がすべて合格であることを確実します。

ICは基板の主な部品です。しかし、手に入れたICが新しいものかどうかをどのように判断しますか?

1. 部品の表面によって識別する
古い部品を磨かれていると、ルーペで見ると表面に小さな傷があります。表面に塗料で覆われていると、明るく見え、塑性の質感はありません。

2. 印刷文字によって識別する
現在、一部の生産業者はレーザープリンタでシルク文字を印刷しています。そのようなシルクははっきりと目立たず、文字を消去するのが難しいです。通常、再利用ICのシルクはぼやけて印刷されます。これらの文字は、エッジが正しく表示されないこと、ズレ、色の不均一性があります。さらに、再印刷のためにステンシルに使用されています。そのシルクに触れると、それが新しいものかどうかをやすく識別できます。

3. 部品のピンによって識別する
部品のピンがすっきりしているなら、その部品は再利用のものです。オリジナルの部品は銀メッキのようなもので、その色は暗く均一ですが、酸化傷はありません。

4. 日付コードによって識別する
部品底面に貼っているラベルは特定のものであり、日付を含み、製造時期と一致する必要があります。 再利用部品であれば、そのラベルは混乱しています。

5. 部品の厚さを測定することによって識別する
多くのプリンタはレーザープリントする時、部品を深く研磨する必要があるため、厚さは通常のサイズよりも大幅に小さくなります。測定のためにキャリパーで比較すると、経験が不足する場合、区別することは難しいです。部品の前縁を見ると、研磨することを判断できます。プラスチック製の部品は成形金型を使用する必要があり、部品は丸いエッジ角でなければならず、サイズは大きくありません。矩形に研磨する場合、その部品は再利用のものです。

関連記事

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です