初心者向けにPCB で一般的に使用される 12 個の部品

電子機器に満ちた世界に住んでいるにもかかわらず、電子機器はまだ謎がたくさんあります。 通常、電子プロジェクトの仕組みは非常に抽象的であるように見えますから、どうやってガジェットを機能させるか表面から理解しにくいです。例えば、ギア、シャフトなどを動かさなければ、プリント基板には電流が流れるのは見えなく、電流があるとの結果のみことが見えます。そのため、電子機器の製造を趣味として取り上げることは、多くの電子工学プロジェクトのメーカーにとって困難な作業のように思えます。その業界にある理論を完全に理解せずに何かを構築することは考えられないようです。

しかし実際には、その理論をほとんど理解することなくプロジェクトを構築することもできます。電子理論の知識は、それ自体が役立つ以上のものであることが証明されますが、それは簡単に有効なプロジェクトを構築するのに不可欠な部分ではありません。というのは、最初に回路基板で使用される部品とその機能に慣れることです。

プリント基板–働きマン

ニューヨークの空からの眺めは、プリント基板を思い出させないの?

都市がどのように役果たすかと同様に、プリント基板に機能させるには、PCBの部品に関係があります。それで、デバイスに十分に電力を供給するシステムを形成しなくてはなりません。そう考えると、PCB上に非常に多くの異なる部品を搭載するという概念は、もはやあまりにも異質に思えません。案内を始めるようにために、プリント基板に一般的に使用される 12 個の部品をご紹介しましょう。

1、抵抗器

アキシャル抵抗器と色コードがある色付き抵抗器
定義 PCBで最も一般的に使用される電子部品の1つであり、多分一番わかりやすい部品です。
機能 電気のエネルギーを熱に変えて放熱することにより、電気の流れに抵抗することであります。
さまざまな素材で作られましたが、愛好家に最も馴染みのある古典的な抵抗器は、長軸の両端にリード線があり、本体に色付きのリングが刻まれた「アキシャル」スタイルの抵抗器です。これらのリングは、抵抗値を示すコードです。方法がわからない場合は、抵抗器の色コードの解読に関する記事をご覧ください!

2、コンデンサ

PCBに実装されたラジアル電解コンデンサ
定義 電気電荷)を蓄えたり、放出したりする電子部品であり、キャパシタとも呼ばれる部品です。
機能 通常、直流を通さないで絶縁するはたらきもあります。電子回路では必ず使うと言って良いほど、電子機器に欠かせない部品です。通常は、絶縁材料または誘電材料で分離された2つの導電層で、反対の電荷を収集することにより作業します。
導体または誘電体材料に応じて分類されることが多いため、高圧変圧器、多元ポリマーコンデンサ、より安定したセラミックディスクコンデンサーまで、様々な特性を持つ多くのタイプを生み出します。

3、コイル

さまざまなタイプのコイル(出典:eeweb)
定義 特定の信号をフィルタリングまたはブロックするためによく使用される部品です。
機能 無線機器を遮断したり、コンデンサと組み合わせて交換モードの電源でAC信号を操作したりするに役立ちます。
最も単純なコイルは、ワイヤのコイルです。巻線の数が多いほど、磁場が大きくなり、インダクタンスが大きくなります。さまざまな形状の磁気コアに巻き付けられている場合があります。これは、磁場を大幅に増幅し、したがって蓄積電気を増幅するのに役立ちます。

4、可変抵抗

グローブ回転と線形可変抵抗
定義 ポテンショメータは可変抵抗器の一種です。
機能 一般に、回転式および線形タイプで利用できます。回転式ポテンショメーターのノブを回転させることにより、スライダー接点が半円形の抵抗器上を移動するにつれて抵抗が変化します。
回転式ポテンショメーターの典型的な例は、無線機ボリュームコントローラで、回転式ポテンショメーターがアンプへの電流量を制御します。線形ポテンショメータは同じですが、抵抗器のスライダ接点を線形に動かすことで抵抗が変化する点が異なります。現場で微調整が必要な場合に最適です。

5、トランス(変圧器)

さまざまなタイプのトランス(変圧器)
定義 コイルと同様に、トランス(変圧器)は、少なくとも2つのワイヤコイルが巻かれた軟鉄コアで構成される部品です。
機能 電気の電圧を電路間に転送して、電圧の増加或いは減少によって調整します。電圧が「変換」されつつあるとも言えます。
1重は、初めての回路またはソース回路で使用されて、 2重は、電気が転送される回路で使用されます。電信柱に大型の産業用変圧器を見たことがあるかもしれません。これらは、一般に数十万ボルトの架空送電線の電圧を家庭用に通常必要とされる数百ボルトに降圧します。

6、ダイオード

長いリード線は、スルーホールLEDデバイスのアノードを示す
機能 一方通行に対してがゼロ抵抗があり、反対側の方向に高い抵抗があります。この機能を使用すると、電流が間違った方向に流れないようにし、回路の損傷を防ぐことができます。
愛好家と最も人気のあるダイオードは、発光ダイオードまたはLEDです。名前の最初の部分のように、発光ダイオードは光を発するために使用されます。しかし、はんだ付しようとした方は誰でも知っているので、ダイオードであるため、正しい方向を得ることが重要です、そうでなければ、LEDは点灯しません。

7、トランジスタ

個別にパッケージ化されたバイポーラジャンクショントランジスタ(BJT)
定義 現代電子技術の基盤にも見做す部品です。1 つの IC チップに数十億個の小型トランジスタが見つかる場合もあります。しかし、トランジスタは単なるアンプと電子スイッチです。
分類 いくつかのタイプの中で、バイポーラ型トランジスタが最も一般的なのであります。N型とP型の半導体に分けられます。バイポーラ型トランジスタには、3つある端子はそれぞれエミッタ (E) ・ベース (B) ・コレクタ (C) と呼ばれます。
 

 

機能

 

NPNトランジスタの場合、ベースからエミッタに電流(通常は小さな電流)が流れると、別の回路に導通することによって、コレクタからエミッタに電流(通常ははるかに大きい)が流れます。
PNPトランジスタでは,方向が逆です。 電界効果トランジスタまたはFETと呼ばれる別のタイプのトランジスタは、電界を使用して別の回路をアクティブにします。
PNPまたはNPNの3層構造の中央がベースであります。E,B,C端子は真空管のカソード・グリッド・プレート、FET のソース・ゲート・ドレインに対応しています。

 

8、シリコン制御整流器(サイリスタ)

定義 サイリスタとしても知られ、トランジスタやダイオードに似ている部品です。
機能 スイッチとしてのみ機能しています。
実際には単純にサイリスタを2個接続して構成しているのだけではなく、また3端子でありますが、3つではなく4つのシリコン層で構成されます。もう1つの重要な違いは、スイッチをアクティブにするのに必要なパルスは1つだけであるのに対して、トランジスタも1つの場合は電流を連続的に印加する必要があることです。大量の電力を切り替えるのに適しています。

9、集積回路

定義 「半導体チップ」の表面および内部に、縮小された回路と部品です。
機能 1つのチップに搭載できる部品の数が非常に多いため、最初の電卓と、スマートフォンからコンピューターまでの強力なパソコンが登場しています。集積回路はよくより広い回路の基盤です。
通常、回路は様々な形状とサイズがあり、黒いプラスチックケースに実装されており、可視的な接触があります。例えば、 それらは、本体から伸びるリード線、またはBGAチップのような直下の接触パッドです。

10、水晶振動子

定義 正確で安定したタイミング要素を必要とする多くの回路に時計を提供する部品です。それらは、物理的に圧電材料(水晶)の振動を起こすことで周期的な電子信号を発生させることから名付けられました。
機能 各水晶振動子は、特定の周波数で振動するように設計されて、他のタイミング方法に比べて、より安定で、経済的で、小型な部品を実現しています。
正確なタイマーとして、またはクォーツ腕時計に応用されています。

11、スイッチとリレー

グローブロータリースイッチとグローブリレー
定義 スイッチは、よく見過ごされがちな部品です。電流のオン/オフを切り替える部品、または流れる方向を変化させるボタンです。
機能 スイッチとして機能し、小さな電流を大きな電流に増幅することもできます。
スライダー、ロータリー、プッシュボタン、レバー、トグル、キースイッチなど、同じスイッチ機能を提供していても、外観はかなり異なります。同様に、リレーはソレノイドを介して動作する電磁スイッチであり、電流が流れると一時的な磁石のようになります。

12、センサ

Seeed Grove Systemの温度センサ、超音波距離センサ、光センサの模型
定義 環境条件の変化を感知し、何らかの科学的原理を応用してその変化に対応する電気信号に置き換える装置です。
機能 回路でのほかの電子部品にその電気信号を送信します。センサは物理現象から変化情報を電気に変換するため、実質的にはトランスデューサーです(ある形式のエネルギーを別の形式に変換する)。
抵抗温度検出器(RTD)のタイプの抵抗器から、テレビのリモコンなどの遠距離信号を検出するLEDまで、何でも受信できます。湿度、光、空気、接触、音、水分、人感などのさまざまな環境変化に応じて色々なセンサがあります。

 

関連記事

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です