Seeed FusionPCB

FusionPCBとは?

 

FUSIONPCBは海外基板屋であり、非常に格安基板製造・実装サービスを誇り、多く の日本メーカーにPCB製造サービスを提供しています。深センの華強北から部品を調達し、OPLリストには数万点部品が揃えています。更に、2018年12月のトランジスタ技術12月号の「作り放題!1ドル基板電子工作 >DVD」にも弊社の基板製造サービスが紹介されました。 日本メーカーの間で人気が高まると予想されています。

お知らせ

7つのよく見られる基板検査、はんだ付けの検査方法

近年、製造業者、愛好家、新興企業のいずれであっても、基板実装機検査の適用が広く注目されている。おそらく、品質保証の重要性の高まり、より小規模なバッチ製造への変更、そしてその後の効率的な検査方法が求められるだと思う。 製造工程全体が複雑で、さまざまな要因で影響されやすい。一枚の基板に数百の部品と数千のはんだ接続が存在しているので、適切な検証が行わないと、プロセス全体が失敗に終わってしまう。したがって、電子機器製造業界と製品開発者は、製品の品質を保証するため、さまざまな検査および検討手順を確立し、課題に積極的に対応している。 基板検査は、重大なエラーを早期に特定し、歩留まりを向上させ、コストを削減し、全体的な品質と安全性を向上させるのに役に立っている。 基板機能検査は、基板を実際に使用するために検証するための最良かつ最も用途の広いツールの1つだが、メーカーの兵器庫にある多くの検査方法の1つにすぎない。それぞれの検査方法には長所と短所があるため、状況と予算に最適な検査方法を決定するのは難しい場合もある。この記事では、最も一般的な基板実装の検査方法の7つを紹介する。 1.目視検査 基板実装検査は、一般的に電気検査と目視検査の方法に分けられている。目視検査とは、拡大鏡または技術者の目で、はんだの欠陥や、部品の向き、部品の欠落、基板の汚れなどの他の目に見える欠陥を見つけ、最も単純で基本的な検査方法だ。 利点: 安価で設置が簡単–検査設備は必要はない ほとんどのはんだ欠陥は特定できない 短所: 人為エラーが発生する可能性があって、技術者のスキルに依存しすぎ 時間と労力がかかり、一貫性がない 目に見えるはんだ接合のみを検査でき–隠れた接合と下側の接合は評価できない 応用:部品が大きく、数量が少ないシンプルな設計に最適だと考えられる 2.インサーキット検査(ICT)…

詳しくへ
最近の投稿

初心者向け-基板でよく使用される12個の電子部品

電子ガジェットでいっぱいの世界に住んでいるにもかかわらず、電子はまだ謎のベールをかぶっています。ガジェットを機能させる動作するものは何も見られないですので、電子プロジェクトの動作メカニズムは非常に抽象的なものに見えます。ギアやシャフトなどを動かさないと、プリント回路基板上で視覚的に何も起こりません。流れる電流を見ることができず、それからの結果だけが見られます。この原因で、趣味として電子機器製造を取り上げることは、多くの電子機器プロジェクト製作者にとって気の遠くなる偉業のように思えます。その背後にある理論を完全に理解せずに何かを構築することは考えられないでしょう。 しかし実際には、その背後にある理論を完全に理解しなくてもプロジェクトを構築することは可能です。電子理論の知識は重要なものですが、簡単で価値あるプロジェクトを構築する上で不可欠な部分ではありません。始めるに良い方法は、まずは回路基板で使用される部品とその機能を理解することです。 プリント回路基板–眠らない街 このニューヨークの空中写真は、プリント回路基板を思い出させませんか? 都市の仕組みと同様に、基板上の部品が連携して、デバイスに電力を供給する完全なシステムを形成します。これらの線に沿って考えると、基板上に非常に多くの異なる部品があるという概念はもはや異質な考えではないでしょう。まずはプリント基板に搭載され一般的に使用されている12個の電子部品をご紹介します! 1.抵抗器 軸方向抵抗器とそのカラフルな抵抗器のカラーコード 抵抗器は基板で最も一般的に使用される部品の1つであり、最も理解しやすいものだと思います。機能としては、電力を熱として放散することによって電流の流れに抵抗することです。抵抗器はさまざまな材料で作られ、異なるタイプもありますが、マニアに最もよく知られているクラシックな抵抗器は、両端にリード線があり、本体に色付きのリングが刻まれている「軸」スタイルの抵抗器です。これらのリングは、抵抗値を示すコードです。操作がわからない場合は、抵抗のカラーコードの解読に関する記事をご覧ください。 抵抗器のご案内 2.コンデンサ 基板に取り付けられたラジアル電解コンデンサ コンデンサは、基板で次の見られる最も一般的な部品です。コンデンサの機能は、一時的に電荷を保持し、回路の他の場所でより多くの電力が必要になるたびに電荷を解放することです。通常、絶縁または誘電体で分離された2つの導電層に反対の電荷を集めることによって行われます。コンデンサは、導体または誘電体材料によって分類されることが多く、高静電容量の電解コンデンサ、多様なポリマーコンデンサ、より安定したセラミックディスクコンデンサなど、さまざまな特性を持つ多くのタイプが発生します。外観がアキシャル抵抗に似ているものもありますが、従来のコンデンサは、2本のリード線が同じ端から突き出ている放射状スタイルです。 3.インダクタ さまざまな種類のインダクタ (source:…

詳しくへ
技術サポート

Sorry. No data so far.

標準規格書

Sorry. No data so far.

よくある質問

Sorry. No data so far.

  •  
  •  
  •  
  •  
  •